住んでみたい街ランキング ~関西編~

新築マンションのポータルサイトである“MAJOR7”が、全国のマンション購入を希望している人約700人が“住んでみたい街アンケート”に解答しました。

“MAJOR7”は、住友不動産、大京、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レデンスの大手7社が共同で運営しています。

大手が共同して調べたアンケートですので、回答者は富裕層で安心感を重視する方が比較的多いかもしれません。 “住んでみたい街ランキング ~関西編~” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

住みやすい街はどこ?

| 住みやすさランキング2019を発表!

 

東洋経済社が毎年発表している“住みやすさランキング”。今年も2019年版が発表されました。1993年から発表しているそうで、かれこれ27年になりますね。推移を見るとどの街がどのように発展・衰退しているのがよく分かります。

ただ、今年は今までと同じようには考えられないようです。算出費用やランキング対象が大幅に変更になって連続性がなくなったといわれています。水道料金や気候なども加味されるようになって“住みやすさ”をより実感できるランキングになっているのではないでしょうか。

 

 

| トップ10はこの街

 

さっそくランキングを見てみましょう。

1位 石川県白山市(偏差値54.231)

白山市は日本海に面している街です。白山国立公園もありますから美しい山も堪能できます。金沢市に隣接していてベッドタウンになっているようです。水道料金が安かったり持家率が高かったりして快適度や富裕度が高かったようです。

2位 東京都文京区(偏差値54.099)

文京区は利便度、快適度、富裕度が評価されたようですね。東京23区が上位に来るのはあまり驚きがないかもしれません。

3位 石川県野々市市(偏差値54.052)

野々市市は白山市と金沢市に囲まれた街です。金沢工業大学があります。小売販売額や大型店面積が人口当たりで高いだけでなく、介護施設定員数やこども医療費助成も高くなっています。利便度や安心度が評価されての3位です。

4位 福井県福井市(偏差値54.039)

北陸の街が続きます。福井市は福井県の嶺北地方を代表する街です。利便度や富裕度が高く評価されました。

5位 鳥取県倉吉市(偏差値53.873)

山陰地方で唯一のトップ10入りです。大山のふもとにあり、鳥取市と米子市の中間くらいに位置しています。倉吉白壁土蔵群などの観光名所もあります。安心度や利便性が評価されてました。

 

6位以下は次のような顔ぶれです。

6位 福井県敦賀市(偏差値53.756)

7位 富山県黒部市(偏差値53.734)

8位 石川県能美市(偏差値53.730)

9位 富山県魚津市(偏差値53.652)

10位 長野県駒ケ根市(偏差値53.652)

 

トップ10で目立つのは北陸の街ですね。文京区、倉吉市、駒ケ根市以外の7市が北陸です。北陸は住宅の延べ床面積が確かに広いですけれども、それ以外に目立った共通点は見つからないようです。市が快適度や利便性などに力を入れている証拠なのかもしれませんね。ただ、北陸は雪がありますからそのあたりは考慮されているのでしょうか。

大阪府では大阪市が23位で最上位、箕面市が41位と続いています。トップ50以内ではこの2市しか入っていません。

全体的に公共交通機関の発展していない街が多く、大都市に不利なランキングなのかもしれませんね。

 

 

| まとめ

 

1 住みやすさランキング2019を発表!

2 北陸の街が上位を寡占!

3 雪や公共交通機関が加味されているのか疑問!



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

住みたい街ランキング!(2019年)

| SUUMOとHOME’Sではかなり違う?

 

2019年の住みたい街ランキングが様々なメディアで発表されています。SUUMOやHOME’Sはこのブログでもご紹介したことがありますので、みなさんご存知だと思います。2019年のランキングも見比べてみましょう。

SUUMOからまいります。

1位 西宮北口

2位 梅田

3位 神戸三宮

4位 なんば

5位 夙川

いつもとあまり変わらない顔ぶれですね。西宮北口の人気はすごい!梅田や三宮、なんばも繁華街で便利な地域です。5位の夙川は高級住宅地で有名ですね。

HOME’Sも見てみましょう。HOME’Sは買って住みたい街と借りて住みたい街の2つを発表しています。

買って住みたい街はこうなっています。

1位 姫路

2位 桃山台

3位 香里園

4位 塚口

5位 高槻

姫路や高槻は便利ですし住宅街ですので毎年上位の常連になっています。桃山台は北大阪急行の駅で吹田市と豊中市の境目に位置しています。北摂の人気地域で梅田まで電車で20分くらいでしょうか。香里園は京阪地域の高級住宅地の一つです。寝屋川市と枚方市の境目で京橋まで15分くらいでしょうか。ちょっと驚いたのが塚口です。尼崎市にある阪急神戸線の駅で、JR尼崎駅や立花駅の北に位置します。梅田まですぐですから、通勤や通学に便利です。

借りて住みたい街ランキングは以下のようになっています。

1位 三ノ宮

2位 新大阪

3位 江坂

4位 出町柳

5位 姫路

買って住みたい街と借りて住みたい街はほとんど重なっていませんね。姫路だけでした。三ノ宮はSUUMOのランキングでは3位になっています。新大阪や江坂は交通に便利な地域ですし一人暮らし用のマンションも多くあります。出町柳は毎年ランキングの上位に入っていますが、意外に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。京都大学や同志社女子大学が近くにあり学生の街として人気なのかもしれません。

全体を見ますと、姫路や三ノ宮、西宮北口が堅実な人気で、買うなら落ち着いた住宅街、借りるなら繁華街に近いにぎやかなところといった感じですね。

 

 

| まとめ

 

1 SUUMOとHOME’Sでは顔ぶれが違う!

2 大阪では大阪市内や北摂が人気!

3 交通の便が良いところが上位に!



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

今年の公示価格は意外なところがトップ!(上昇率)

| 国土交通省が公示価格を発表

 

2019年3月19日、国土交通省が2019年1月1日時点の公示価格を発表しました。公示価格の発表は今年でちょうど50回目になるそうです。全国26,000地点の地価を調査したところ、全国平均は4年連続で上昇しました。

景気が徐々に回復してきたことに加えて、雇用や所得が増えたことが影響したようです。景気の回復と言われても私のような庶民は全く実感できていませんけども…。その他には訪日客の増加によって店舗やホテルの需要が増えた影響もあるそうです。

 

| 全国の上昇率トップはなんと!

 

地価が最も高かったのは例年通り東京の銀座の山野楽器銀座本店でした。5,720万円/㎡で過去最高額だそうです。

新聞記事を見て驚いたのが、宅地で地価の上昇率が50%を超えた北海道の倶知安町です。1位と2位、それに4位が倶知安町でした。倶知安町は“くっちゃんちょう”と読むようです。北海道の地名は難しいですね。

倶知安町はニセコスキー場があるところで、外国人のリゾート地として需要が強いそうです。ホテルなどの宿泊施設の混雑具合がすごいみたいですね。商業地の全国上昇率トップも倶知安町でした。こちらは2年連続の1位だそうです。

 

 

| 大阪もランクイン!

 

商業地の全国上昇率トップ10には大阪も入っています。

2位にランクインしたのが中央区日本橋の千成屋です。3位も大阪で、北区の茶屋町にあるエスパシオン梅田ビル、5位が北区芝田の芝田町ビル。この3地点はすべて40%以上の上昇率で北区の梅田界隈の需要が強いことが分かります。梅田界隈は再開発で活況を帯びていますものね。

10位には淀川区宮原の新大阪第一生命ビルでした。こちらは38%の上昇率です。新大阪にはJRのおおさか東線があり、現在のところ鴫野駅、JR野江駅、城北公園通駅、JR淡路駅、南吹田駅、そして新大阪駅の6駅あります。東大阪線は奈良にも新大阪にも直結してますので、観光客には大変便利です。

今年の公示価格をみると、都心部だけでなく地方にも地価の上昇がみられました。インバウンドの需要をどれだけ取り込めるかで明暗が分かれたようです。

 

 

| まとめ

 

1 国土交通省が公示価格を発表!

2 上昇率1位2位は北海道倶知安町!

3 大阪も4地点で浄書率トップ10入り!



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ