電気工事を施工するには

1か月ほど前の2020年2月の終わりか3月の初めころに、電気工事の許可申請の手数料をだまし取ったとして元行政書士が逮捕されたそうです。実際には許可申請の手続きをしていないのも関わらず手数料を請求していたとのことで、不審に思った依頼者が調べて事件が発覚したそうです。

逮捕された元行政書士は2012年に行政書士の資格を喪失したそうです。このような詐欺師に騙されないようにするためにも、建設業の許可の内容をある程度知っておくことは大切だと思います。

今回は、電気工事の建設業の許可について書きたいと思います。 “電気工事を施工するには” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

こんな不動産屋には要注意!

4月に入って進学や就職で新生活を始めた人は一息ついた頃でしょうか。部屋を借りるときは、不動産業者を利用して物件の紹介、案内、重要事項説明、契約、引渡を行うことが多いと思います。

お部屋探しの強い味方である不動産業者の中には、おかしな物件を契約させたり過大な費用を請求したりする業者もあるようです。

今回は、気を付けてほしい不動産業者を見てみたいと思います。 “こんな不動産屋には要注意!” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

遺言は公正証書遺言が安心・安全 その2

前回の記事“遺言は公正証書遺言が安心・安全 その1“で書きましたとおり、公正証書の作成件数は年々増加傾向にあり、安心・安全を感じていただけるようなメリットがいくつもあります。

もちろんデメリットもあります。今回はデメリットから書きたいと思います。続いて、公正証書遺言はどうやって作成するのかを書きたいと思います。 “遺言は公正証書遺言が安心・安全 その2” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

遺言は公正証書遺言が安心・安全 その1

近年は相続した空家を売却したくてもなかなか売れないという不安を持っておられる方が多くいらっしゃいます。以前の記事“空き家は売りたくても売れない!?“でも書きましたが、売却したくても希望する金額ではなかなか売れないご時世になっています。

そこで、そのような不動産を後世に残すためには遺言書を作成しておくと安心です。特に公正証書遺言で作成すると家庭裁判所の検認手続きを省略できるなど、相続人の負担が軽くなっています。

公正証書遺言はどうやって作成するのでしょうか。 “遺言は公正証書遺言が安心・安全 その1” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

診療所を開設するには?

近年は診療所が増えてきています。“診療所”はベッド数が19床以下の医療施設です。20床以上は“病院”になります。近所にあるかかりつけ医の多くは診療所が多いですね。入院施設がないところも多いです。診療所は全国におおよそ10万施設あります。 “診療所を開設するには?” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ