成年後見人は“親族が望ましい”?

成年後見は、認知症の高齢者などを支援するために財産管理や身上監護を行う制度です。具体的には、成年後見人は成年被後見人の預貯金の管理や水道光熱費の支払などをしたり、病院や施設への入退院の契約などをしたりします。

お金を扱うだけに成年後見人には誰がなるのがよいのかは課題です。 “成年後見人は“親族が望ましい”?” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ