行政書士って何をする人?

| 行政書士ってなに?

 

“行政書士”と聞いてピンとくる人は少ないのではないでしょうか?似たような名前に司法書士があります。一言で違いを言いますと、行政書士は“行政”への届出、司法書士は“登記所”への届出を行います。もちろんそれだけではないんですけどね。

行政書士の仕事には主に3つあります。

1 官公署に提出する書類の作成、相談、代理

2 権利義務に関する書類の作成、相談、代理

3 事実証明に関する書類の作成、相談、代理

1の官公署は、省庁、都道府県庁、市・区役所、街・村役場、警察署などです。みなさんの身近にある役所ですね。住民票の写しをもらったり国民健康保険の相談に行ったりと何かと役所に赴くことがあります。

住民票の写しの交付申請は誰でも簡単にできるようになっていますが、許認可などに関する手続きは簡単には行きません。種類も多く1万種類以上とも言われています。

2の権利義務に関する書類は、たとえば、契約書、示談書、内容証明、告訴状、請願書、始末書、定款、遺産分割協議書があります。

3の事実証明に関する書類は、位置図・案内図・現況測量図などの実地調査委に基づく図面、議事録、会計帳簿、貸借対照表・損益計算書などがあります。行政書士は事実証明に関する書類の作成などは行いますが、事実の証明自体は行いません。会計帳簿の作成では領収書や請求書などをもとに帳簿を作成しますが、領収書や請求書が申請のものであるかどうかを調査するものではありません。

 

 

| どんなときに行政書士に頼めばいいの?

 

行政書士の仕事は広範ですから、一般の方は何をどう頼んでいいのかわからないと思います。いくつかのパターンをご紹介します。

1 遺言・相続

遺言書の作成支援や遺産分割協議書などの作成をします。

2 契約書

交通事故の手続き、土地・建物の賃貸借、金銭消費貸借などの契約書を作成します。

3 自動車登録

自動車のナンバー変更・名義変更などの自動車登録申請をお手伝いします。

4 日本国籍の取得

外国人が日本の国籍を希望する場合に帰化申請手続きをします。

5 土地の活用

畑に家を建てたい、畑を駐車場にしたい、農地を売りたいなど土地に関する申請手続きをします。

6 内容証明

お金の貸し借りなどの諸手続き、内容証明郵便、公正証書案の作成をします。

7 外国人の雇用

外国人を雇用するときに必要な入管管理局への申請手続きをします。

8 法人関係手続

株式会社、NPO法人、医療法人、組合などの法人設立の手続きをします。

9 許認可の申請

建設業、運輸業、飲食業などの許可申請手続きをします。

10 中小企業への支援

知的財産権の保護、知的資産経営の導入、知的資産経営報告書の作成をお手伝いします。

11 著作権の保護

著作権の登録申請を行います。

12 電子申請

電子署名が必要な申請や届け出を電子申請で行います。

 

行政書士は身近な出来事やビジネスで皆様のお手伝いをします。お困りごとがありましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

 

 

| まとめ

 

1 行政書士は書類作成のプロ!

2 遺言・相続から日本国籍の取得まで行政書士にお任せ!

3 許認可申請や外国人の雇用などビジネスのご相談も!



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ