新築住宅が減ってきてる!?

| 持家とマンションの新築は増加傾向

 

国土交通省が2018年12月に発表した建築着工統計調査(月報)では、2018年11月の新設住宅着工戸数が減っているようです。前年同月比で見ますと、持家は2.5%増、マンションは6.1%増で少し増えているようですが、2017年11月~2018年4月までの減少を考えると、この1年では持ち家もマンションも新築が減っています。

特に貸家の減少が大きく、2018年11月は前年同月比で6.9%の減少でした。この1年で見ても、2018年8月の増加を除いて各月で減少しています。

 

 

| 大阪だとマンションが増えてるのでは?

 

近年の大阪では中心部で分譲マンションの建築・販売が多くなっています。前述の統計を見ますと、2018年4月は220%増、5月は433%増となってどんどん増えているように思います。大阪府だけで毎月おおよそ1000~3000戸が建築されているようです。

しかし、近隣の兵庫県、京都府、奈良県では大きく減少している月が多く、近畿では大阪だけマンションの建築が盛んです。2018年1月~11月の兵庫県では34.7%減少、同時期の京都府では27.9%の減少になっています。(奈良県はサンプルが少ないのか前年比が計算されていませんでした。)

兵庫や京都で新築マンションの購入をお考えの方は、大阪のマンションも候補に加えると選択肢が増えます。賃貸用の新築マンションの建築は減少していますから、新築マンションを借りたいという方は新築にこだわらず築浅の物件も考慮に入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

| まとめ

 

1 持家、マンションの新築は増加!

2 貸家の新築は大きく減少!

3 関西で新築のマンションを購入するなら大阪も選択肢に!



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ