バブル期の名残りが今もなお・・・

| 土地をネタにした詐欺

 

土地の売買のときに気を付けることって何でしょうか?場所、価格、近隣状況などさまざまありますが、最も気をつけたいのが詐欺です。

バブル期は土地が高騰して詐欺の被害が続出しました。地面師と呼ばれる詐欺師が、本人確認書類や土地登記書類などを偽造し、あたかも土地の所有者であるようなフリをして買主さんから金銭を騙し取っていました。登記申請のときに法務局に書類の偽造が見破られて所有権移転登記ができないまま、代金だけを騙し取られるのです。

最近では、東京都品川区西五反田の土地をめぐって地面師が逮捕された事件がありました。

 

 

| 地面師の手口

 

ある医療法人が所有する500㎡足らずの土地が事件の舞台です。土地の代金は約3億6000万円。どのようにして高額な代金を詐取したのでしょうか。

まず、売主(法人の代表者)が土地を安く売りたがっている、転売すれば高額の利益が出ると言って、買主さんに話を持ちかけます。これだけでは怪しすぎます。そこで、借金返済のために売却を急いでいるから◯月◯日までに決済をしたいなどと取引の期限を決めて買主さんを焦らせます。焦ると正常な判断ができなくなるのが普通の人です。

商談中に売主さんに会って本人確認をしようとしても、転売の話は売主にはしていない、所有者である法人には内緒のままで土地の売却をしたいと思っているなどと言って、売主さんに合わせようとしません。

現場を見に行くと、更地のはずの土地が建築中になっていても、債権者が工事を始めているから期日までに決済しないと土地を奪われてしまうと言ったりします。

(1)取引を焦らせる、(2)売主に会わせようとしない、(3)現場の状況とは違った話をする。このような手口で買主さんをだましていました。

本人確認は司法書士が徹底するのですが、地面師から取引を焦らされている買主さんは慎重に本人確認をする司法書士を解任してしまうことも多いようです。

近年では、特に東京五輪を控えた都心で不動産価格が上昇しています。このような背景があって地面師が暗躍しています。この事件で騙されたのは不動産のプロである不動産会社の社長でした。プロをも手玉に取る地面師です。十分にご注意ください。

 

 

| まとめ

 

1 土地が高騰すると地面師が暗躍!

2 不動産取引では本人確認を慎重に!

3 移転登記をする司法書士は信頼できる人を!



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ