行政書士試験の憲法(憲法の歴史2)

前回から憲法の歴史について書き始めました。フランス人権宣言であったり資本主義の台頭であったり、主に西洋の歴史について書いています。

今回は憲法の特質、明治憲法と日本国憲法について書きたいと思います。今回で行政書士試験の憲法は終了です。ご読了いただきありがとうございました。 “行政書士試験の憲法(憲法の歴史2)” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

行政書士試験の憲法(憲法の歴史1)

日本国県央の条文については前回までで終了しました。今回からは憲法の歴史について書きたいと思います。

行政書士試験では法学の一般的な問題として出題される可能性がありますので、頭の片隅に残してもらいたいと思います。 “行政書士試験の憲法(憲法の歴史1)” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

行政書士試験の憲法(天皇制)

前回は地方自治について書きました。地方自治の本質である住民自治と団体自治、地方自治体の長や議員の直接選挙、地方自治体の条例制定権などを判例を交えてご紹介しました。

今回は天皇制について書きたいと思います。国民主権と天皇制の関係は?天皇は何をするの?といった疑問に答えられるように書いていきます。 “行政書士試験の憲法(天皇制)” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

行政書士試験の憲法(地方自治)

前回と前々回で財政について書きました。今回は地方自治です。地方自治は簡単なようで覚えることや理解することが多くあります。行政書士試験では頻出事項ですので、受験生は心して学習に取り組んで欲しいと思います。 “行政書士試験の憲法(地方自治)” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

行政書士試験の憲法(予算)

前回から財政についてのお話を始めました。国が集めるお金に関しては国会による民主的コントロールが及んでいて、課税や徴収には法律が必要でした。宗教団体や公の支配に属しない団体への支出についても原則として禁止されています。

今回は財政の中でも予算について書きたいと思います。昨今はコロナ関連での予算について色々と話題になっていますね。興味を持って読んでいただけると嬉しいです。 “行政書士試験の憲法(予算)” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ