門真市駅の南側にホテルが次々と

| ホテルリブマックスに続いて東横INNも

 

以前の“門真市駅前が大きく変わる!?”の記事でお伝えしましたとおり、ホテルリブマックス大阪門真が門真市新橋町にオープンします。開業は2019年12月25日の予定だそうです。

 

中央環状線を挟んで向かい側に、東横INNが開業するみたいです。12月頃に建築が完了する予定でオープンは年明けになるのでしょうか。東横INNは新大阪や難波などのにぎやかな場所にあるイメージでしたが、門真市駅周辺も新大阪に負けず劣らずにぎやかな場所へと変わっていくのでしょうね。場所は旧門真日活ボウリングセンターの跡地です。

 

 

| 門真市や守口市では民泊も

 

いま話題の民泊。門真市や守口市にも民泊の届出がされている住宅があります。たとえば、門真市深田町、末広町、守口市梶町、梅園町、大日町、金下町、大枝東町、松月町などがあります。

大阪市内から近いため外国人観光客をターゲットにした戦略なのでしょう。門真市駅周辺のホテルの宿泊相場は6,000円~10,000円ですから、民泊はこれよりも安くて4,000~5,000円くらいで設定されているのではないでしょうか。一戸建住宅だと10名以上の寝泊りが可能で10,000円~15,000円くらいだと思われます。

守口市は共同住宅や戸建住宅が建築可能な地域で民泊を運営することができます。工業専用地域以外の全地域ですから、守口市全域が対象になっています。

対して門真市はホテルや旅館が建築可能な地域で民泊を運営することができます。低層住宅専用地域、中高層住宅専用地域、工業地域、工業専用地域以外です。ただし、第1種住居地域では3,000㎡以下に限ります。このような制限がありますから、門真市駅前の商業地域にホテルが集まるのも仕方ありませんね。ちなみに、深田町は準工業地域、末広町は近隣商業地域と第二種住居地域です。

 

 

| まとめ

 

1 門真市駅前に東横INNが建築中!

2 守口市の全域で民泊が可能!

3 門真市は民泊可能な地域が狭い!



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ