行政書士の戸籍不正取得が発覚!?

2021年の8月に宇都宮市の行政書士が探偵業者から依頼を受けて3500通もの戸籍謄本を不正に取得していたというニュースがありました。日本行政書士会の会長声明も出されています。この事件を受けて、各都道府県が戸籍の不正取得がないのかを調査したそうです。

今回は、京都府の調査について書きたいと思います。 “行政書士の戸籍不正取得が発覚!?” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

【相続】遺産分割ができない!? ~本編 その4~

親御さんが亡くなられた場合など自分が法定相続人になることがあります。お年を召した方の場合にはご兄弟が亡くなったときにも法定相続人になることがあります。

相続手続きで頭を悩ます1つが不動産の登記でしょうか。他には、他の法定相続人と連絡が取れないという場合です。

今回は遺産分割協議書に関係する他の法定相続人について書きたいと思います。 “【相続】遺産分割ができない!? ~本編 その4~” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

【相続】遺産分割ができない!? ~本編 その3~

親御さんが亡くなられた場合など自分が法定相続人になることがあります。お年を召した方の場合にはご兄弟が亡くなったときにも法定相続人になることがあります。

相続手続きで頭を悩ます1つが不動産の登記でしょうか。他には、他の法定相続人と連絡が取れないという場合です。

今回は遺産分割協議書に関係する他の法定相続人について書きたいと思います。 “【相続】遺産分割ができない!? ~本編 その3~” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

【相続】遺産分割ができない!? ~本編 その2~

親御さんが亡くなられた場合など自分が法定相続人になることがあります。お年を召した方の場合にはご兄弟が亡くなったときにも法定相続人になることがあります。

相続手続きで頭を悩ます1つが不動産の登記でしょうか。他には、他の法定相続人と連絡が取れないという場合です。

今回は遺産分割協議書に関係する不動産の登記と他の法定相続人について書きたいと思います。 “【相続】遺産分割ができない!? ~本編 その2~” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

【住民票・戸籍】謄本と抄本って何が違うの? ~戸籍抄本・附票編~

戸籍を取らなければいけないとき、謄本が必要なのか抄本が必要なのかを悩まれたことはありませんか?謄本も抄本も発行手数料は同額(450円)です。相続なら謄本が必要ですが、手続によって抄本でもよい場合があります。

今回は、戸籍の謄本と抄本の違いについて書きたいと思います。 “【住民票・戸籍】謄本と抄本って何が違うの? ~戸籍抄本・附票編~” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ