新入管法で初の逮捕者!

| 入管法って?

 

入管法は、正しくは「出入国管理及び難民認定法」といいます。「入管法」は略称です。簡単にいいますと、日本に入国したり出国したりすることを管理する法律です。在留資格や在留期間などを定めています。実は外国人だけでなく、日本人の出国・帰国についても定められているんです!

ところで、不法滞在や外国人との偽装結婚などの事件をよく耳にされると思います。不法滞在は入管法違反で強制的に国外へ退去させられますが、外国人との偽装結婚は刑法の公正証書原本不実記載罪(こうせいしょうしょげんぽんふじつきさいざい)という罪になります。長い罪名ですね!この罪では、役所に嘘の申請書を提出して、役所で保管する文書に嘘の記載をさせたことが悪いことだとされています。もちろん有罪で長期の懲役刑などになれば強制的に国外へ退去させられます。こういうところが法律のややこしいところですね!

 

 

| 新しい罰則の追加

 

外国人との偽装結婚の例では、直接的に入管法に違反するわけではありません。罪を犯して長期の懲役刑になったから強制的に国外へ退去させられるのです。これを直接的に入管法違反にすることで徹底的に虚偽の申請を防ごうと、新たに罰則が追加されました。平成28年11月の改正です。

 

1 在留資格等不正取得罪(入管法70条1項2号の2)

第七十条 次の各号のいずれかに該当する者は、三年以下の懲役若しくは禁錮若しくは三百万円以下の罰金に処し、又はその懲役若しくは禁錮及び罰金を併科する。

二の二  偽りその他不正の手段により、上陸の許可等を受けて本邦に上陸し、又は第四章第二節の規定による許可を受けた者

この規定では、虚偽の申立てなどの不正な行為を故意に行えば罰せられます。在留資格の変更・更新、永住許可、在留資格の取得・取消などほぼすべての申請で、虚偽の申立てが刑罰の対象になります。

 

2 営利目的在留資格等不正取得助長罪(入管法74条の6)

第七十四条の六  営利の目的で第七十条第一項第一号若しくは第二号に規定する行為(以下「不法入国等」という。)又は同項第二号の二に規定する行為の実行を容易にした者は、三年以下の懲役若しくは三百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

この規定では、在留資格の不正取得をお金儲けの目的で手伝うと罰せられます。

 

 

| 新規定での初の逮捕者!

 

入管手続は申請者本人が行うことができるのは当然です。本人以外にも、これから外国人を雇おうとする会社や特別な資格を持つ行政書士・弁護士も取次として入管手続をすることができます。

そして、ついに新規定で初の逮捕者が出ました。入管法の虚偽申請容疑で逮捕されたのは行政書士です。ある中国人の女性の在留期間の更新手続で、実際は飲食店で働いているのに手続きをした行政書士自身の事務所で働いていると虚偽の申請をした疑いがもたれています。日本経済新聞などで報じられました。平成29年6月の終わり頃です。

真偽のほどは分かりませんが、中国では実在していない人の証明書が発行されるとかされないとか…。当事務所でも、今後なお一層、事実の確認を徹底し、提出書類の内容の確認を徹底してまいります。

 

 

| まとめ

 

1 日本への出入国のルールを定めているのが入管法!

2 入管法に新たな罰則が追加されました!

3 新しい規定で初の逮捕者!

 

 

行政書士法人麻田事務所では、行政書士全員が出入国の事務を取り扱う資格を有しています。在留資格の更新や変更などで不安がございましたら、お気軽にお問い合わせください。なお、事実の確認等を徹底いたしますことをご了承ください。



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

早期経営改善計画策定支援 (つづき)

| 早期経営改善計画策定支援とは?

 

早期経営改善計画策定支援の概要については、以前「早期経営改善計画策定支援 開始!(平成29年5月29日~)」の記事でお伝えしました。

「このごろ資金繰りが苦しいなぁ」「売り上げが減少してきたけどなぜだろう?」「専門家などから経営のアドバイスが欲しい!」とお悩みの経営者が、専門家の力を借りて経営を見直すための制度です。

特徴をまとめますと、以下のとおりです。

1 借入金の条件変更など、金融支援が不要!

2 計画策定から1年後にフォローアップ!

3 経営状況を客観的に把握!

4 必要があれば本格的な支援策を紹介!

5 専門家へ支払った費用の2/3(上限20万円)を国が補助!

6 補助を使った支援の利用は一度だけ!

7 支援が使えない業種あり!

 

 

| 少し専門的なお話

 

麻田事務所のある大阪では、利用申請の前にメールで書類チェックをしてもらえます。このチェックで担当者から「OK!」をもらったら利用申請に出向きます。他の都道府県ではどのような対応になるかは存じ上げません。ごめんなさい。

その後、支援センターが審査を行い、申請からおおよそ2~3日後に決定が出ます。支援センターの審査は形式的な審査のようです。事業計画は審査されません。

この制度の利用をお考えの皆様、これを聞いてかなり気が楽になりませんか?

ただし!事前に、この制度の利用をメインバンクに相談しなければいけません。さらに、完成した事業計画をメインバンクに提出する必要があります。厳しい銀行だとここで意見を言われるかもしれません。

たとえそれが厳しい意見であっても、それほど気にしなくて大丈夫です!この事業計画はメインバンクからの融資を約束するものではありません。融資をお願いするときには改めて事業計画を提出する必要がありますが、ここで銀行からいただいたアドバイスを基に事業計画を修正してより良い内容にしてから提出すればいいのです。今後長くお付き合いするメインバンクに会社のことをよく知ってもらって、親身にアドバイスをしていただく第一歩だと思ってください。

 

 

| まとめ

 

1 専門家と一緒に経営を見直す制度!

2 事前チェック制度があるかも!?

3 審査は形式審査!

4 メインバンクと良好な関係を構築!

 

 

麻田事務所では認定支援機関として早期経営改善計画策定支援を行っています。その他、補助金の申請、経営の見える化、販路拡大などのお手伝いをしています。経営のちょっとした不安でもお気軽にご相談ください。



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

西三荘駅前にファミリーマートがオープン!

| サークルKサンクスからファミマに!

 

皆様のお近くにサークルKサンクスはありますか?「ファミリーマートに変わったよ!」という方も多いと思います。

ファミリーマートとサークルKサンクスは経営の統合によって、店舗の名前がファミリーマートに統一されます。

弊社近くのサークルKサンクスもとうとうファミリーマートになりました。2017年6月15日(木)16:00に西三荘駅前のサークルKサンクスが閉店し、7月5日(水)7:00にファミリーマートとしてオープンです!開店以来、連日、店の前には多くの自転車が止まっていて大盛況です。

以前のサークルKサンクス

新しく開店したファミリーマート

 

| 何が変わるの?

 

サークルKサンクスがファミリーマートになって何が変わるのでしょうか?まとめてみました。

1 ポイントカードが楽天ポイントカードからTポイントカードになります!

2 ネット銀行のATMが使えます!

3 ファミリーマートのプライベートブランド商品が買えるようになります!

 

2017年8月から、サークルK・サンクスの店舗でTポイントキャンペーンがあります!

 

 

| まとめ

 

1 サークルKサンクスはファミリーマートに名称変更!

2 ファミリーマートになるといろいろと変化!

 

 

麻田不動産は西三荘駅から徒歩約3分です。新しく開店したファミリーマートの前を通って200mほどの距離です。お気軽にご来店ください。



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

篆刻に挑戦!

本日は私アシュラの休日(水・木定休)ですので仕事の話ではありません。ゆる~い話題です。今回はハンコのことを書いています。

 

 

| 身近なハンコ

 

お仕事をされている方は毎日のようにハンコを押すのではないでしょうか?日付印、科目印、訂正印、住所印などなど、朱肉を使ってきちんと押すこともあれば、シャチハタのようなゴム印(浸透印)を押すこともあるでしょう。機会もさまざま、ハンコもさまざまです。私も仕事では毎日何かしらのハンコを押しています。

プライベートではどうでしょうか?宅配物の受領印、新聞などの契約のときに押す印、女性の方でしたら手帳にかわいいハンコを使うこともあると思います。

 

 

| ハンコを作る!

 

プライベートで使うハンコでも受領印や契約書に押す印はきちんとしたものを使いたいですよね。それ以外の、手帳に押すハンコや年賀状に押すハンコは好きなものを使いたい!と思いませんか?

そこで、自分でハンコを作るという選択肢はいかがでしょうか?子供のころ、消しゴムでハンコを作ったり、芋版を作ったりしましたよね。アレです。これらは一時的に使うだけで、材質の性質上、長くは使えませんが、材質に石を使うと長く使えます。

ところで、ハンコを掘ることを篆刻(てんこく)といいます。日常生活ではあまり見かけませんが、年賀状や“書”に押されています。字の部分が赤い“朱文”と白い字の“白文”があります。普通のハンコは朱文です。書体もいろいろありますし、図柄を掘ることもできます。名人といわれる人が掘ったハンコは見ていて惚れ惚れします。

 

 

| 篆刻に挑戦!

 

私アシュラもハンコを作ってみました。材質は1㎝角くらいの石です。実は、以前にも年賀状用などに何度か挑戦したことはあります。今回は「アシュラ」のハンコです。素人の作でドヘタですけど、恥を忍んでご紹介します。

こちらは以前に作ったハンコです。

自分で作ってみると、いつも使っているハンコにも愛着がわきます。プロに掘ってもらったハンコだけでなく、機械で掘られた普通のハンコもすごい!とわかりました。

 

 

| まとめ

 

1 ハンコは身近な存在!

2 ハンコは自分で作れる!

3 ハンコを作ると愛着抜群!

 

 

家を買うときにもハンコは必要です。市役所に登録している印鑑(実印)と印鑑証明です。部屋を借りるときは連帯保証人の実印と印鑑証明が必要です。重要な場面には必ず登場するハンコ。愛着を持ってもらえると嬉しいです。



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

自分の土地が使えない!?

| 勝手に通るな!

 

「ある日突然、隣から土地を通るなと言われたけど、どうしたらいいの?」というご相談がごくまれにあります。例えば、自分の土地の一部分で出入りするために使っていた通路だと思っていたのに隣から「通るな!」と言われて、さらに法務局から境界の確定の立ち合いのお願いが来たというお話です。早速、調査開始です!

 

| 登記簿に問題あり?

 

登記簿を調べたところ、分筆が何度かありますが特に変わったところはありません。

もう少し詳しく調べてみました。そうすると以前は十分に道路に面していたのです。では、なぜ道路に面していない状態になったのでしょうか?実は、分筆を繰り返したことで土地の境界がはっきりとしておらず、通路部分の土地が他の人にも売られていたのです。つまり、お隣同士が両方とも自分の土地だと思って通行していたということです。境界がはっきりしないので法務局から境界の確定の立ち合いのお願いがあったのです。

 

 

| 他人の土地を通行する権利

 

ここで、他人の土地を通行する権利についてお話します。

そもそも道路には、誰もが通行できる“公道”と原則としては自由に通行できない“私道”があります。“私道”は私有地ですので、ここを通るには通行する権利=通行権がいります。

通行権には通行地役権(つうこうちえきけん)、囲繞地通行権(いにょうちつうこうけん)、通行の自由権などがあります。

 

(1)通行地役権

通行地役権は契約をして地役権を設定(民法280条)すると登記ができますので、登記された地役権なら調べれば誰にでもすぐにわかります。また登記がされた地役権は新しい所有者に対しても通行する権利を主張することができます。

 

(2)囲繞地通行権

公道に面していない土地を“袋地”といい、袋地を囲んでいる土地を“囲繞地”といいます。囲繞地通行権は、袋地の所有者が求めれば民法210条によって強制的に発生する権利で、登記はされません。ですのでよく調べても分からないのです。

 

(3)通行の自由権

通行の自由権は判例上認められた権利で、建築基準法の適用を受ける私道についてかなり厳しいですが認められることがあります。こちらも登記はされませんので、調べても分かりません。

 

 

| 通行権発生!

 

今回の事例は、分筆が繰り返されて道路に面しない土地ができたという場合です。この場合、囲繞地通行権が認められます。この権利はいくら調べてもわかりませんし、どの範囲で通行権が認められるのかもわかりません。結局、当事者同士で通行権自体を争っても完全決着は難しい状況です。裁判をしないと解決しない事案でした。

 

 

| まとめ

 

1 登記簿に載っていない情報がある!

2 通行権はいろいろ!

3 囲繞地通行権に注意!

 

 

麻田不動産では様々なご相談を受け付けています。行政書士法人を併設しておりますので、開発許可や農地転用の許可など許認可が絡んだ案件でも適切にアドバイスいたします。また、日ごろから弁護士や司法書士、土地家屋調査士と連携しておりますので、法律の絡んだ案件でも適切にアドバイスします。土地や建物についてのお困りごとならお気軽にご相談ください。



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ