相続したボロ家がお荷物になる理由

空き家問題が取りざたされている今、相続して一番困るものは必要のない不動産ではないでしょうか。遠方だと管理をするのも大変。税金もかかってくる。ぼろ家で貸すに貸せない。売るに売れないという状態になって困ってしまいます。実際には、古い家になるほど相続での取得割合が増えています。昭和25年以前に建てられた家は78%が相続での取得だそうです。

相続した古い家がお荷物になってしまう理由は何にあるのでしょうか。 “相続したボロ家がお荷物になる理由” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ