【古物商】古物商ってなに? ~その4~

古物、いわゆる中古品を商いで取り扱うには古物商の許可を都道府県警察に申請しなければいけません。実は古物商許可の“古物”っていわゆる中古品だけではないのです。しかも、中古品の販売でも古物商の許可が必要ない場合もあります。

今回も前回に引き続き古物商の許可について書きたいと思います。古物商許可の申請に必要な書類を書きます。 “【古物商】古物商ってなに? ~その4~” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

【時短協力金】申請のポイント徹底解剖 その7

大阪府の飲食店などは営業時間の短縮や酒類の提供の自粛を呼びかけられています。自粛に協力をすると大阪府から1日ごとに協力金が給付されています。現在、申請ができるのは第4期と第5期です。

申請をしたのに不備で再提出を求められた方は多いと思います。今回は第4期(大阪市内)の給付額の計算方法について書きたいと思います。 “【時短協力金】申請のポイント徹底解剖 その7” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

【時短協力金】大阪府はどうなってるの?

大阪府は3度の緊急事態宣言が発令されました。2020年4月、2021年1月、2021年4月です。緊急事態宣言が発令されると多くの店舗では客足が遠のき、経営が厳しくなっています。特に飲食店の影響は大きいですね。

今回は、飲食店などに出された時短営業や休業の要請での協力金について書きたいと思います。 “【時短協力金】大阪府はどうなってるの?” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

【一時支援金】確定申告をしていない場合はどうする? ~個人事業主編~

一時支援金の申請では、原則として2019年と2020年の確定申告書のコピーを提出することになっています。法人であればほとんどの方が確定申告をされていると思います。ただ、個人事業主さんの場合には、利益が少なく確定申告が義務付けられていない方もいらっしゃいます。

確定申告書のコピーを提出できない場合には、代わりに提出できる書類があるのでしょうか。様々なケースで確定申告書に関係した書類を書きたいと思います。今回は個人事業主編です。 “【一時支援金】確定申告をしていない場合はどうする? ~個人事業主編~” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

持続化給付金で行政書士が詐欺!?

新型コロナウイルス感染症対策の1つとして、事業者に対する持続化給付金があります。当事務所でも持続化給付金の申請をお手伝いしています。ただ、秋以降は持続化給付金の審査が厳しくなっています。おそらく不正受給をする事案が増えていることが原因だと思います。

今回は、持続化給付金の不正受給に関して行政書士がかかわっていたとみられる事件について書きたいと思います。 “持続化給付金で行政書士が詐欺!?” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ