高齢者の一人暮らし ~不安と対策~ その2

近年は高齢化の影響で独り暮らしをされている高齢者が多くいらっしゃいます。当事務所へご相談に来られる方は一人暮らしの高齢者の方が多いです。お話を伺ってみると、色々な不安があるようです。

今回は高齢者のお一人暮らしの不安への対策を書きたいと思います。

 

 

| 高齢者の不安やリスク

 

高齢者の不安やリスクについては、前回の記事“高齢者の一人暮らし ~不安と対策~ その1”に書きました。もう一度ざっくりとまとめたいと思います。

1 倒れたり病気になったりしたときの不安

孤独死につながる可能性があります。不安に思っている高齢者が多いと思います。

2 親族と疎遠で普段から頼れる人がいない

孤独死とも関係しますが、認知症などの症状の進行するリスクもあります。また、事件の被害者になったりするリスクや自然災害時の避難ができないリスクも高まります。

3 亡くなったときに後始末をしてくれる人がいない

親族を頼れない場合にどのように準備をしておけばいいのか分からない方が多いです。国や市町村の情報発信だけでなく、我々士業の情報発信が甘いのだと思います。

4 遺産の分配が不安

疎遠な親族に遺産を渡したくない、お世話になった人に遺産を分けたいなど相続財産の処分に不安を抱えていらっしゃる方が多いです。

 

 

| 不安やリスクへの対策

 

1人暮らしの高齢者の不安やリスクへの対策はいくつかあります。上に挙げた4つの不安やリスクに対する準備には次のようなものがあります。

1 見守りサービス

倒れたり病気になったりしたときの対策として見守りサービスがあります。もちろん孤独死にも対応しています。民間の警備会社のサービスもありますし、行政の行っているサービスもあります。

(1)民間の警備会社の見守りサービス

民間の警備会社の場合には、ご自宅に機器を設置して緊急時にボタンを押すタイプや家電などに機械を取り付けて異常があれば警備会社に通報してくれるタイプなど、さまざまなサービスを提供しています。機器は購入するパターンやレンタルするパターンがあります。購入する場合にはおおよそ月額2000円程度、機器代・取り付け代がおおよそ5万円程度からあります。レンタルするパターンはおおよそ月額4000円程度からあります。

(2)行政のサービス

行政が行っているサービスには、民生委員による見回り、社会福祉協議会・地域包括支援センターによる介護サービス、福祉課による相談・取次などがあります。お住まいの市区町村役場の福祉課にご相談ください。

(3)郵便局による見守りサービス

郵便局も見守りサービスを行っています。月1回の訪問をするサービスや毎日の電話サービス、駆けつけサービスもあります。月1回の訪問サービスで月額2500円です。

(4)士業などによる見守りサービス

司法書士や行政書士が定期的に訪問をしたり電話をしたりするサービスを行っている事務所があります。士業の見守りサービスは比較的高額ですが、何かあった後の対応は専門家が対応しますので安心です。見守りサービスの内容によって費用は大きく変わりますが、おおよそ月額1万~5万円程度です。

2 自治会や町内会などへの参加

3 サークル活動への参加

4 家族との同居、近隣への移住

 

長くなりましたので、続きは次回以降に書きたいと思います。

 

 

| まとめ

 

1 不安解消への第一歩は見守りサービス!

2 見守りサービスには民間もあれば行政もある!

3 士業が見守りサービスをしていることも!



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ