日本政策金融公庫の特別貸付 必要書類のまとめ

日本政策金融公庫の特別貸付。当初3年間は利子が安くなりますし、場合によっては特別利子補給制度の利用で当初3年間の利子が実質0円!かなり有利な融資です。

今回は、日本政策公庫の新型コロナウイルス感染症特別貸付に必要な書類をご紹介します。

 

 

| 個人事業主の場合

 

新型コロナウイルス感染症特別貸付の場合、事業計画書は必要ありません。逆に事業計画書を提出されると職員に嫌がられるかもしれません。申込書を提出後の電話で事業計画書の提出を求められた場合にだけ提出するようにする方がよいです。

1 借入申込書(様式あり)

2 新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の申告書(様式あり)  

3 最近2期分の確定申告書一式の写し

1期分の確定申告書しかない場合には、月別売上台帳の写しを提出します。

初めて日本政策金融公庫と取引をする方の場合、次の書類も一緒に提出します。

1 ご商売の概要(様式あり)

2 運転免許証(両面) または パスポートのコピー

3 許認可証・届出証のコピー

設備資金として借りる場合には、購入予定設備の見積書の提出が必要です。

 

 

| 法人の場合

 

法人の場合も事業計画書は必要ありません。求められた時だけで十分です。また、今期の試算表も必要ありません。

1 借入申込書(様式あり)

2 新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の申告書(様式あり)

3 最近2期分の確定申告書・決算書の写し

初めて日本政策金融公庫と取引をする方の場合、次の書類も一緒に提出します。

1 ご商売の概要(様式あり)

2 法人の履歴事項全部証明書 または 登記簿謄本

3 代表者の運転免許証(両面) または パスポートのコピー

4 許認可証・届出証のコピー

 

 

| 手続の流れ

 

日本政策金融公庫の特別貸付を利用する場合、次のような手続きになります。

1 日本政策金融公庫に電話で相談

新型コロナウイルス感染症特別貸付の対象かどうかを日本政策金融公庫の窓口に尋ねてください。売上高5%以上の減少が必要です。また、申込の郵送先も確認しておいてください。

2 申込書類の入手・記入・郵送

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、原則として郵送で申込書を提出します。

3 電話での状況確認 場合によっては面談

原則として電話での確認を行っているようです。ただし、複雑な事案の場合には面談でお話を聞くそうです。資金の使い道や事業の状況などがメインです。このときになぜ資金を借りる必要があるのかを説明できるようにしておいてください。必要に応じて営業状況が分かる書類を追加提出することになるかもしれません。

4 融資の決定・実行

融資が決定しますと金銭消費貸借契約を締結します。必要書類が送られてきますので、署名・捺印をします。契約手続きが終わりますと金融機関の口座へ送金されます。

 

 

| まとめ

 

1 初めての取引の場合には追加書類あり!

2 原則として今期の試算表は不要!

3 資金を借りる必要性を説明できるように準備!



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ