ものづくり補助金 10の変化 その1

ものづくり補助金は以前は年に1回だけ募集される大きな補助金でした。今は違います。年に4回の締め切りを設けた通年公募であったり、添付書類が半分以下になったりと大きく変わっています。 

今回は、ものづくり補助金が変わったところを10点ご紹介します。 

 

 

| ものづくり補助金の大変化! 

 

ものづくり補助金は大きく変わりました。10個のポイントにまとめてご紹介したいと思います。 

1 通年公募、締切3か月ごと 

2 事業実施期間が10カ月に倍増 

3 必要な添付書類が1/2以下 

4 公募要領のページ数が1/4 

5 あらゆる手続きが100%電子化 

6 中古設備、副業兼業人材の活用 

7 賃上げ要件の追加 

8 初めての申請だと有利に 

9 新型コロナウイルス対応の特別枠・事業再開枠 

10 十分な賃上げをすれば収益納付を免除 

 

 

| ものづくり補助金って? 

 

ものづくり補助金は、中小企業が経営革新のための設備投資などに使える補助金です。補助金額は1,000万円、補助率は1/2~3/4です。 

コロナ特別枠だと事業再開枠50万円が上乗せされ、50万円の補助率は10/10です。 

また、特別枠A類型の小規模業者の補助率は2/3、特別枠B類型とC類型の補助率は3/4です。 

経営革新の類型にはA1、A2、B1、B2とあり、A1は新商品(試作品)開発、A2は新たな生産方式の導入、B1は新役務(サービス)の開発、B2は新たな提供方式の導入となっています。A1とA2は製造業向け、B1とB2はサービス業向けと言ってもいいかもしれません。 

 

 

| 新型コロナ特別枠って? 

 

新型コロナ特別枠が新たに創設されて、色々な優遇が受けられます。メリットは次の6点。 

1 補助率のアップ 

・通常の補助率:1/2 

・A類型の補助率:2/3 

・B類型の補助率:3/4 

・C類型の補助率:3/4 

2 優先的に採択 

特別枠で不採択になった場合でも、通常枠で優先的に採択されます。 

3 補助対象の遡及適用 

4 営業費用の補助対象 

5 申請要件の緩和 

6 感染症防止対策最大50万円、定額補助の事業再開枠の上乗せ 

特別枠はこのようなメリットがありますが、以外にも厳しい申請要件があります。 

A類型:サプライチェーンの毀損への対応 

B類型:非対面型ビジネスモデルへの転換 

C類型:テレワーク環境の整備 

コロナ対策ですからしょうがないですが、結構厳しい要件だと思います。テレワーク環境を整備する企業はすでに終わっているでしょうから、非対面型ビジネスモデルへの転換がねらい目なのでしょうか。 

 

 

| まとめ 

 

1 ものづくり補助金が大きく変化! 

2 コロナ特別枠・事業再開枠の新設 

3 コロナ特別枠では補助率がアップ! 



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ