社会保険労務士試験を受験しました! その3

2019年8月25日(日)に第51回社会保険労務士試験が行われました。受験された皆様、お疲れ様でした。私アシュラも受験してきました。選択式問題の足切りに泣きそうです。

前々回の“社会保険労務士試験を受験しました!”の記事、前回の“社会保険労務士試験を受験しました!その2”の記事に引き続き、受験の感想を書きたいと思います。

 

 

| 択一式試験はどうだった?

 

択一式試験は厚生年金保険と国民年金が難しく感じられました。問題自体が難しかったのかどうかは分かりません。個人的な感想です。ただ単に勉強不足が原因だと思います。今回は社会保険について書きたいと思います。

択一式試験の試験問題は社会保険労務士試験オフィシャルサイトこちらにあります。

1~4は前回の“社会保険労務士試験を受験しました!その2”をご覧ください。

 

5 健康保険法

個数問題なし、事例問題なし、組合せ問題3問でした。保険者、健康保険法一般が出題されました。10問中9問で健康保険法が広く出題されています。試験中はちょうど疲れてくる時間帯で、頭の回転が鈍りそうな時にこのような内容の出題はつらいですね。

全く知らない肢が多かったのですが、運を使って正解できた問題がいくつもありました。自信のある問題は2~3問だけでした。

6 厚生年金保険法

個数問題なし、事例問題なし、組合せ問題2問でした。厚生年金保険法一般の問題のみです。1問1問が広い範囲ですので何を問われているのかを把握するのが大変です。

この科目に取り掛かるときには残り時間が約1時間でした。かなり焦って解きましたので、問題の読み違いがあるかもしれません。

7 国民年金法

個数問題なし、事例問題なし、組合せ問題1問でした。国民年金法一般、保険料が出題されました。10問中9問で国民年金法が広く出題されています。

最後の1科目ですので気力を振り絞って解きました。この科目でも運を使って正解できた問題が多数ありました。

 

社会保険科目はどの科目も分からない肢が多くあって難しかった印象です。特に苦手な給付に関する問題が多く感じました。資格試験予備校の講評を見てみますと、きちんと勉強をしてきた受験生にとってはそれほど難しくなかったのかもしれません。もっと精進すべきだと実感いたしました。

 

 

| まとめ

 

1 社会保険科目では個数問題と事例問題はなし!

2 組合せ問題は合計6問も出題!

3 社会保険は給付に関する出題が多かったかも!?



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

社会保険労務士試験を受験しました! その2

2019年8月25日(日)に第51回社会保険労務士試験が行われました。受験された皆様、お疲れ様でした。私アシュラも受験してきました。選択式問題の足切りに泣きそうです。

前回の記事(社会保険労務士試験を受験しました!)に引き続き、受験の感想を書きたいと思います。

 

 

| 択一式試験はどうだった?

 

択一式試験は厚生年金保険と国民年金が難しく感じられました。問題自体が難しかったのかどうかは分かりませんが、個人的な感想でただ単に勉強不足が原因です。今回は労働保険と一般知識について書きたいと思います。社会保険は次回に。

択一式試験の試験問題は社会保険労務士試験オフィシャルサイトこちらにあります。

 

1 労働基準法及び労働安全衛生法

個数問題はなく、事例問題が2問、組合せ問題が1問でした。平均賃金の算出方法、1か月単位の変形労働時間制、労働基準法総則、労働契約、賃金、労働時間、就業規則、建設工事現場の安全衛生管理、安全装備等が必要な機械、健康診断が出題されました。

総則、労働契約、賃金、就業規則のあたりは肢を切りやすく解きやすかったです。建設工事現場の安全衛生管理、安全装備等が必要な機械はサービス問題のように思えました。

2 労働者災害補償保険法

個数問題2問、事例問題なし、組合せ問題1問でした。労災保険一般、通知・届出等、局長通知の認定基準、派遣労働者、療養(補償)給付、特別支給金、社会復帰促進等事業、保険料、保険関係の成立・消滅が出題されました。

個数問題はそれほど迷うことなく正答を導けました。社会復帰促進事業の内容は全く知らなかったので間違えています。保険料に関する2問は悩んで何とか正解していました。

3 雇用保険法

個数問題1問、事例問題なし、組合せ問題なしでした。被保険者期間、基本手当の日額、失業認定、雇用保険事務、就職促進給付、高年齢雇用継続給付、雇用暗転事業・能力開発事業、督促、労働保険事務組合、保険料の徴収が出題されました。

すぐに正しい肢の分かった問題と消去法で消しながらウンウンと悩む問題がありました。被保険者期間、高年齢雇用継続給付、督促の3問は悩んで時間がかかりました。他方で、失業認定、雇用保険事務、労働保険事務組合、保険料の徴収の問題はすぐに正しい肢が分かりました。勉強の不足している分野がはっきりとわかった科目でした。

4 労務管理その他の労働および社会保険に関する一般常識

個数問題・事例問題・組合せ問題はなく、政策の順序を問う問題が出題されました。古いものから順番に並べる問題です。初めて見たように思いますが、過去問でも出題されていたのでしょうか。

労働費用、労使間交渉、労働契約法、労働関係法規、社労士法、国民健康保険法、介護保険法、高齢者医療確保法、被保険者・被保険者等、制度の改正が出題されました。

1ページ目から順番に解いてきましたが、この辺りでかなり怪しくなってきました。一目見て正答が分かる問題が全くなくなります。唯一自信があったのが社労士法だけです。古いものから順に並べる問題は、年金一元化より個人型確定拠出年金やマイナンバーが後、マイナンバーよりも受給資格期間の短縮が先のようにして部分的な知識を組み合わせて何とか正解できました。

 

 

| まとめ

 

1 労働基準法などや労災保険は解きやすい!?

2 雇用保険は問題によって難易度に差がありそう!

3 一般常識には並び替え問題が出題!



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

社会保険労務士試験を受験しました!

2019年8月25日(日)に第51回社会保険労務士試験が行われました。受験された皆様、お疲れ様でした。私アシュラも受験してきました。選択式問題の足切りに泣きそうです。

 

 

| 社労士試験はどんな試験?

 

社会保険労務士(社労士)の資格は国家資格です。1960年代から始まり比較的新しい資格です。それまでは行政書士が担っていましたが、高度経済成長期に社会保険が複雑化する中で中小企業が対応できなくなったことで専門職として誕生しました。

社会保険労務士試験には受験資格があります。たとえば、4年制大学で一般教養科目を履修済みであること、大学で62単位以上拾得したこと、短期大学か高等専門学校を卒業したことなどがあります。学歴以外の受験資格では、司法試験の予備試験に合格したこと、行政書士となる資格を有していることがあります。私は、大学から単位の証明を貰うのが面倒くさいので、行政書士の資格で受験資格を満たしました。

試験科目は大きく分けて2つ。以下のとおり、全部で8科目あります。

1 労働保険

・労働基準法及び労働安全衛生法

・労働者災害補償保険法

・雇用保険法

・労務管理その他の労働に関する一般常識

2 社会保険

・健康保険法

・厚生年金保険法

・国民年金法

・社会保険に関する一般常識

試験は選択式試験(午前)と択一式試験(午後)があります。選択式試験は8科目それぞれ5点満点で合計40点満点。択一式試験は労働保険と社会保険の一般常識問題が1つにまとめられて、7科目それぞれ10点満点で合計70点満点です。

合格点は年によって変わります。選択式は21~26点くらい、択一式は42~48点くらいです。しかも、各科目に足切り点があります。一般的な足切り点は、選択式が各科目3点以上、択一式が各科目4点以上です。選択式と択一式の合計では65~70点くらいです。

今年の合格発表は2019年11月8日(金)です。

 

 

| 選択式試験はどうだった?

 

感想としては比較的易しかったと思います。試験問題は社会保険労務士試験オフィシャルサイトこちらにあります。感想は各資格予備校の講師の見解とは違うかもしれませんが、一受験生としての感想としてご覧ください。各設問を見てみます。

問1 労働基準法及び労働安全衛生法

判例問題2問、条文問題2問、その他1問でした。判例は全く知りませんでしたが、常識的に考えると正解できそうな問題です。条文問題は知らなければどうしようもありませんが、労働安全衛生法1条の目的が出題されていました。

問2 労働者災害補償保険法

こちらも労災保険法1条の目的が出題されました。しかも3問です。残りの2問は成立届を出す前に労災事故があった場合の故意・過失についてです。労災の目的の方は解きやすかったです。

問3 雇用保険法

基本手当がもらうときの待機期間や育児休業給付金のみなし被保険者期間などが問われました。労災と同様に解きやすかったと思います。

問4 労務管理その他の労働に関する一般常識

技能検定や女性活躍推進法、就業構造基本調査について問われました。補助金などで若年者は35歳未満が多かったり、年齢別有業率は女性の社会進出が話題になっていたりと解きやすかったです。ただ“えるぼし”は知りませんでした。迷った末に間違えました。

問5 社会保険に関する一般常識

船員保険法、介護保険法、国民健康保険法、確定拠出年金法が出題されました。船員保険法は健康保険法などと同じような規定が多いですし、地域包括支援センターは行政書士でお世話になっていたりして、設問の内容は分かりやすかったように思います。得点は別です。

問6 健康保険法

任意継続被保険者、待機期間、全国健康保険協会について出題されました。試験中はこの辺りから少し難しく思えました。直前にまとめを見たおかげで解けた問題もありました。逆に、試験終了間際に書き直して間違えた問題もありました。しっかりと勉強していれば得点できそうです。

問7 厚生年金保険法

保険料の滞納、厚生年金保険事業の積立金、端数処理が問われました。間違えた端数の処理の2問は普通に勉強していれば得点できた問題だそうです。勉強不足が露呈した問題の一つでした。

問8 国民年金法

積立金の運用、保険料の立替納付、延滞金について問われました。延滞金の問題は悩みに悩んで間違えました。試験直前にまとめを見ていたのですが、記憶できていませんでした。勉強不足です。

 

長くなりましたので、択一式問題の感想については次回に持ち越します。ご了承ください。

 

| まとめ

 

1 社労士試験の受験資格は学歴や資格!

2 足切りをクリアして70%取れれば合格!?

3 選択式問題は基本事項が多め!?



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

社会保険の給付金って何があるの?

健康保険や年金保険、労災保険などの社会保険では給付金がもらえます。健康保険の診察代、年金保険の老齢基礎年金、労災保険の療養給付があることはみなさんご存知かと思います。それ以外にも様々な給付金がありますので、ご紹介いたします。

 

 

| 健康保険の給付金

 

健康保険は診察代以外にも様々な給付があります。日雇いの方は異なるところがありますのでご注意ください。

1 病気やケガのとき

・療養の給付(診察代、薬代、手術代など)

・入院時の食事療養費(食事療養が必要な場合)

・入院時の生活療養費(食事・療養環境の構築が必要な場合)

・保険外併用療養費(先進医療、時間外診療、治験などの場合)

・療養費(上記給付が困難な場合)

・家族療養費(家族向けの療養費)

・訪問看護療養費(指定訪問看護事業者が指定訪問看護を受けた場合)

・家族訪問看護療養費(家族向けの訪問看護療養費)

・高額療養費、高額介護合算療養費(医療費などが高額になった場合)

・移送費(病院や診療所に移送された場合)

・家族移送費(家族向けの移送費)

・傷病手当金(病気・ケガのため働けずに給料がもらえない場合)

2 亡くなったとき

・埋葬料(死亡時に5万円を支給)

・家族埋葬料(家族向けの埋葬料)

3 出産のとき

・出産育児一時金(出産時に40.4万円を支給)

・家族出産育児一時金(家族向けの出産育児一時金)

・出産手当金(出産のため働けずに給料がもらえない場合)

 

 

| 国民年金・厚生年金の給付金

 

国民年金や厚生年金に加入している方の給付金です。

1 65歳になったとき

・老齢給付(原則65歳以上の方への年金)

2 障害を負ったとき

・障害給付(障害等級1級または2級の方への年金(厚生年金は3級も可))

・遺族給付(死亡した方の親族)

3 脱退したとき

・脱退一時金(年金の被保険者でなくなった場合)

4 亡くなったとき

・寡婦年金(年金を受け取らずに夫が亡くなった65歳未満の妻、国民年金のみ)

・死亡一時金(年金を受け取らずに亡くなった方と生計を一にしていた親族、国民年金のみ)

5 その他

・付加年金(付加保険料を納付していた65歳以上の方、国民年金のみ)

 

 

| 労災の給付金

 

業務中か通勤中の病気やケガに対する給付金です。

1 ケガや病気をしたとき

・療養給付(現物を給付)

・休業給付(病気やけがのため働けず給給料がもらえない場合)

・傷病年金(1年6か月以上療養しても治らず傷病等級に該当する場合)

・介護給付(障害等級1級または2級の方が介護を要する場合)

・休業特別支給金(休業給付と同様)

・傷病特別支給金(傷病年金と同様)

・傷病特別年金(傷病年金と同様)

2 障害を負ったとき

・障害年金(治癒しても1級~7級の障害を負った場合)

・障害一時金(治癒しても8級~14級の障害を負った場合)

・障害年金前払一時金(障害年金の受給権のある方)

・障害年金差額一時金(障害年金の受給権者が死亡した場合の親族)

・障害特別支給金(障害給付と同様)

・障害特別年金(障害年金と同様)

・遺族特別年金

3 亡くなったとき

・遺族年金(亡くなった方の親族)

・遺族一時金(亡くなった方の親族)

・遺族年金前払一時金(遺族年金の受給権のある方)

・葬祭料(葬儀を行う方)

・遺族特別支給金(遺族年金または遺族一時金と同じ)

・遺族特別年金(遺族年金と同じ)

・遺族特別一時金(遺族一時金と同じ)

4 二次健康診断等給付(一時健康診断で血圧などに異常がある場合)

 

 

| まとめ

 

1 手術をしたら高額療養費の申請を!

2 付加年金料は2年で取り戻せます!

3 葬儀の費用も社会保険から給付!



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

建設業許可申請での社会保険 ~大阪府~

建設業の許可を取ろうとすると、社会保険の加入状況を記入した書類の提出が求められます。一般的な建設業者では、労災を除いた3つの保険に加入します。健康保険、厚生年金保険、雇用保険ですね。

2012年11月1日から建設業の許可を申請するときには、社会保険の加入が厳しく審査されることになりました。

 

 

| 建設業での社会保険の加入は増えてるの?

 

2017年10月の公共事業労務費調査では、平成29年10月の3保険(雇用保険、健康保険、厚生年金保険)に加入している企業は約97%でした。ほとんどの企業では3保険を加入しているようです。労働者別に見ますと約85%になっています。

企業別と労働者別で10%以上の数字の開きがあります。これは統計上の理由で、一人親方などの加入義務のない方も“未加入”に含められています。ですから、労働者別だと“未加入”の割合が増えてしまうのです。

企業別・労働者別を年度ごとに見てみましょう。左が企業別、右が労働者別です。

2011年 約84% 約57%

2012年 約87% 約58%

2013年 約90% 約62%

2014年 約93% 約67%

2015年 約95% 約72%

2016年 約96% 約76%

2017年 約97% 約85%

労働者別では、2013年頃から増えだして2017年に急増しています。建設業の許可申請のときに社会保険の加入を厳しく審査しだした時期が2012年ですから、ちょうど重なりますね。許可申請時の審査が有効に機能したのでしょう。

 

 

| 社会保険の加入状況の提出書類(大阪)

 

1 健康保険等の加入状況を記入する書類

社会保険に加入しているかどうかは“健康保険等の加入状況(様式第二十号の三)”に記入します。こちらがその用紙になります。

“加入保険の有無”の欄に“健康保険”“厚生年金保険”“雇用保険”と3つの枠があり、それぞれ加入していれば“1”、加入していなければ“2”、適用除外なら“3”を記入します。加入している場合には、事業所整理記号などを記入します。

従業員数の(  )の中には、役員、個人事業主、同居の親族である従業員の人数を記入します。

記入例はこちらです。

2 添付書類(証拠書類)

本当に加入しているかどうかは証拠書類を提出して証明します。証拠書類には次のようなものがあります。

(1)健康保険・厚生年金保険

次の書類のうちどれか1点のコピーを提出します。

・保険料納付の“領収書”(直近のもの)

・保険料納付の“社会保険料納入証明書”(直近のもの)

協会けんぽなどに申請をして発行してもらいます。

・保険料納付の“社会保険料納入確認書”(直近のもの)

協会けんぽなどに申請をして発行してもらいます。

・“標準報酬決定通知書”(直近のもの)

・“健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届”(加入手続時のもの)

(2)雇用保険

次の書類のうちどれか1点のコピーを提出します。

・“労働保険概算・確定保険料申告書”(直近のもの)

労働保険概算保険料申告書-使用不可(特殊用紙が必要)

・保険料納付の“領収済通知書”(直近のもの)

・“雇用保険被保険者資格取得等通知書”(事業主通知用)

・“雇用保険適用事業所設置届”(事業主控)

雇用保険関係成立届-使用不可(特殊用紙が必要)

 

 

| まとめ

 

1 2013年頃から社会保険の加入者が増加!

2 2017年では約85%の建設業従事者が加入済み!

3 建設業許可申請時には添付書類を忘れずに!



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ