相続したボロ家がお荷物になる理由

以前の記事“空家の取得方法は相続ばかり?”に書きましたが、空き家を所有することになる原因は相続が一番多くなっています。古い家になるほど相続での取得割合が増え、昭和25年以前に建てられた家は78%が相続での取得になっていました。

このような家を何とか活用しようと思っても、売却するにも難しく賃貸するにもリフォーム代がかさみます。

相続した古い家がお荷物になってしまう理由は何にあるのでしょうか。 “相続したボロ家がお荷物になる理由” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

空き家の取得方法の地域差はあるの?

以前の記事で空き家の取得方法について書きました。相続が半数以上だったのですが、大都市部に多いとか地方都市に多いといった地域差はあるのでしょうか?

国土交通省の“令和元年空き家所有者実態調査”に記載がありましたので覗いてみます。 “空き家の取得方法の地域差はあるの?” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

空家の取得方法は相続ばかり?

国土交通省が“令和元年空き家所有者実態調査”を発表しました。2018年に行った住宅・土地統計調査から無作為に調査区を抽出して、居住世帯のない住宅を所有していると回答した世帯を対象に調査が行われました。

空家の所有者の実態と見てみましょう。 “空家の取得方法は相続ばかり?” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

宅建士試験の振り返り(2020年度10月)問21・22

2020年の宅地建物取引士試験は、新型コロナウイルス感染症への対応のため例年と異なる試験形態になってしまいました。都市圏では受験会場が確保できなかったため、10月の試験を受験できない受験生がいます。2020年は10月と12月の2回、試験が行われることになりました。

前回から引き続き2020年10月試験の問題を振り返ってみたいと思います。今回は農地法と国土利用計画法になります。 “宅建士試験の振り返り(2020年度10月)問21・22” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

実家の不動産を相続させる?相続したい?

以前の記事“空き家を活用したい!”では空き家の利用意識について書きました。アキサポ空き家総研のアンケートでは、空き家の活用希望者は70%以上だそうです。

今回は、空き家になりがちな実家の不動産を相続する場合の意識調査について書きたい共います。 “実家の不動産を相続させる?相続したい?” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ