【時短協力金】事前確認の方法

大阪府の時短要請協力金については、このブログで何度かご紹介いたしました。

【時短協力金】大阪府はどうなってるの?

こちらの記事で大阪府の時短・休業要請と時短協力金についてまとめていますので、ご覧ください。

第4期の時短協力金から、商工会議所や行政書士による事前確認が始まりましたのでお知らせします。

 

 

| 事前確認の手順の紹介

 

事前確認の手順は事前確認をする機関によって異なります。各商工会・商工会議所、各行政書士によっても変わると思います。

ここでは、一般的な事前確認の手順について書きたいと思います。

1 事前確認機関の検索

以前の記事“【時短協力金】事前確認のすすめ”でもご紹介しましたが、次の方法で事前確認機関を探してください。

(1)大阪府のサイトから探す

大阪府のサイトには行政書士会と各商工会・商工会議所が載っています。それぞれの事前確認機関のサイトのURLと連絡先が載っています。

(2)商工会・商工会議所で事前確認をする場合

商工会・商工会議所の連絡先に電話をして事前確認をして欲しい旨をお伝えください。会員のみのサービスである可能性もあります。

(3)行政書士に事前確認を依頼する場合

大阪府のサイトの行政書士会の欄にある“行政書士名簿(外部サイト)”をクリックしてください。大阪府行政書士会のサイトが開きます。エリアごとにPDFファイルで名簿が掲載されています。エリアは次のように分けられています。当事務所は門真市にありますので“北河内エリア”になります。

・北摂エリア

高槻市、豊中市、茨木市、吹田市、箕面市、池田市、摂津市、島本町、豊能町、能勢町

・北河内エリア

枚方市、寝屋川市、交野市、四條畷市、守口市、門真市、大東市

・大阪市<北エリア>

大阪市淀川区、西淀川区、東淀川区、北区、福島区、都島区、此花区、旭区、中央区、西区、城東区、鶴見区、港区

・大阪市<南エリア>

大阪市東成区、大正区、浪速区、天王寺区、阿倍野区、住之江区、住吉区、東住吉区、平野区、生野区、西成区

・中河内エリア

東大阪市、八尾市、柏原市

・南河内エリア

富田林市、河内長野市、松原市、羽曳野市、藤井寺市、大阪狭山市、太子町、河南町、千早赤阪村

・泉北エリア

堺市、泉大津市、和泉市、高石市、忠岡町

・泉南エリア

岸和田市、貝塚氏、泉佐野市、泉南市、阪南市、熊取町、田尻町、岬町

2 事前確認機関へ連絡して予約を取る

事前確認をする機関が決まりましたら、連絡をして予約をとってください。日時、場所、必要書類、事前確認の方法などをご相談ください。事務所等へ来所いただいて対面での事前確認が原則とされています。

3 指定日時に指定場所で事前確認を受ける

事前確認を受けましたら事前確認書を受け取ってください。これがないと申請ができません。

 

 

| まとめ

 

1 事前確認は商工会議所や行政書士へ依頼!

2 大阪府のサイトから事前確認機関を検索!

3 行政書士会のサイトから行政書士を検索!



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ