新型コロナの影響!? 4月の住宅価格が下落!

2020年のGWは緊急事態宣言の真っただ中で、外出を自粛された方が多いのではないでしょうか。不動産業界でも緊急事態宣言の影響を大きく受けたようで、2020年4月の戸建住宅の価格は下落しました。

どのくらいの影響があったのか見てみましょう。

 

 

| 全国で住宅販売平均価格が下落

 

(株)東京カンティの調査では、首都圏、近畿圏、中部圏、福岡県と4ブロックに分けて、2020年4月の戸建住宅の平均価格を調べて公表したようです。

1 新築木造一戸建住宅の平均価格は?

まずは、新築木造一戸建住宅から。

首都圏では、前月比▲1%で、平均価格は約3,750万円でした。前年同月比は約▲5%になっています。

中部圏では、前月比▲0.4%で、平均価格は約3,100万円でした。前年同月比は3%の上昇です。ただ、愛知県に限ると前月比▲2%、前年同月比約▲5%でした。

近畿圏では、前月比約▲2%で、平均価格は約3,130円でした。前年同月比は2%の上昇です。こちらは、大阪府、兵庫県、京都府共に前年同月比で上昇しています。

福岡県では、前月比約▲2%で、平均価格は3,100万円でした。前年同月比は約6%の上昇です。

全国的にかなり価格の下落が進んでいます。

2 中古木造一戸建住宅の平均価格は?

中古物件はどうなのでしょうか。

首都圏では、前月比約▲4%で、平均価格は約3,200万円でした。前年同月比は約▲1%になっています。

中部圏では、前月比0.3%の上昇で、平均価格は約2,300万円でした。前年同月比も約1.5%の上昇になっています。愛知県も価格は上昇しています。

近畿圏では、前月比約▲3%で、平均価格は約2,500万円でした。前年同月比は0.7%の上昇です。

福岡県では、前月比約7%の上昇で、平均価格は約2,200万円でした。前年同月比も約15%も上昇しています。

中古住宅は新築住宅に比べてまだマシでした。

 

 

 

| 大阪府の平均価格は?

 

麻田不動産のある近畿圏の大阪府をもう少し詳しく見てみます。

1 新築木造一戸建住宅の平均価格は?

大阪府の平均価格は約3,400万円で、前月比▲1%、前年同月比は約1%の上昇でした。平均土地面積(約130㎡)や平均建物面積(約102㎡)も増加しており、戸数も増えています。

大阪市に限りますと、平均価格は約4,160万円で、前月比約6.5%の上昇、前年同月比約▲6%でした。平均土地面積(約112㎡)は前月比、前年同月比ともに減少していますが、平均建物面積(約104㎡)は前月比約2%増加、前年同月比▲2%です。数字は異なりますが、堺市も同じような傾向です。

大阪の不動産市場(新築売買)はやはり緊急事態宣言の影響を受けたようです。ただ、首都圏や中部圏に比べるとその影響は小さかったように思います。レインズの新築新規物件数は相変わらず1/10ほどですけれど…。

2 中古木造一戸建住宅の平均価格は?

大阪府の平均価格は約2,870万円で、前月比約4%の上昇、前年同月比約10%の上昇になっています。前月比、前年同月比とも大きな値上がりになっていますね。平均土地面積(約145㎡)や平均建物面積(約115㎡)の前月比はともに増加しています。ただ、平均土地面積の前年同月比では約▲1.5%と減少しています。

尾所証に限りますと、平均価格は約4,400万円で、前月比約▲1.5%、前年同月比2.9%上昇しています。平均土地面積(約140㎡)は前月比、前年同月比ともに増加していますが、平均建物面積(約130㎡)は前月比約▲7%と大きな減少です。前年同月比はわずかに増加しています。

大阪府全体で見ますと中古市場はかなり好調だったのかもしれません。麻田不動産では全く実感がありませんでした。4月は毎年厳しいんですけどね…。今年は緊急事態宣言の影響で5月も不動産が動いていないように思います。

 

 

| まとめ

 

1 戸建住宅は全国的に価格下落傾向!

2 大阪府の新築戸建はあまり変化なし!

3 大阪府の中古戸建は好調!



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ