Osaka Metro 谷町線の増便で便利に!

先日は京阪バスの運行情報を書きましたが、Osaka Metro 谷町線のダイヤも改定されました。2020年3月14日(土)からの改定です。

ダイヤ改定によって運行本数が増えています。Osaka Metroのサイトで確認してみましょう。

 

 

| 大日~八尾南間の増便

 

大日駅と八尾南駅の間では7分30秒間隔で運行されていました。2020年3月14日からは6分間隔での運行になります。1時間あたり8本から10本への増便です。

ただし、運行本数が増えるのは、“平日の昼間時間帯”、“土日休日の昼間時間帯”、“土日休日の夜間時間帯”だけです。

運行本数の例として、天王寺駅→大日駅では平日は12本増、土日休日は22本増になります。また、東梅田駅→八尾南駅では平日は14本増、土日休日は21本増になります。これを見るとかなり増えるように感じますね。混雑の緩和と利便性の向上が図られています。

 

 

| 都島~文の里の折り返し運行の改善

 

都島駅~文の里で折り返し運行が行われていたのをご存知でしょうか、20時台や21時台で7便ほどありました。このうち多くの運行を大日駅~八尾南駅の運行に置き換えられます。

たとえば、天王寺駅から大日駅方面の時刻表を見てみましょう。以前は、20時09分、19分、29分、39分、49分、59分、21時30分発の7本の電車が都島駅行きでした。改定後は、20時05分(20時04分から時間変更)以外の6本の運行が大日駅行きに変更されます。

また、東梅田駅から八尾南駅方面の時刻表を見てみます。以前は、20時02分、12分、22分、32分、42分、52分、21時02分の7本が文の里駅行き、21時12分の1本が喜連瓜破駅行きでした。改定後は、全ての電車が八尾南駅行きに変更されます。

大日駅から八尾南駅まで地下鉄で行く機会は少ないかもしれませんが、時間変更を伴いますが運行本数が増えて利便性が向上されました。

 

 

| 御堂筋線と中央線で無料Wi-Fi!?

 

Osaka Metroと言えば、車両内での無料Wi-Fiが始まるという話題がありました。2020年3月27日(金)から御堂筋線の3列車で導入されるそうです。2020年度以降も順次設置車両が増やされて、2025年度中には御堂筋線と中央線のすべての車両でWi-Fiが使えるようになるようです。

公共LANは、利用者の数に比べて回線が貧弱で接続しにくいのが一番の問題ですが、Osaka MetroのWi-Fiはどうなるのでしょうか。楽しみですね。

ネットワーク名は“Osaka_Metro_Wi-Fi”です。導入車両は御堂筋線の30000系車両の3列車です。もし乗車することがありましたら、Wi-Fiの接続を試してみてはいかがでしょうか。

 

 

| まとめ

 

1 谷町線の運行間隔が6分間隔に!

2 谷町線の折り返し運行が少なくなります!

3 御堂筋線で無料Wi-Fiの提供開始!



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ