行政書士試験の記述は大丈夫? - 財産分与・嫡出否認の訴え・遺留分

2019年の行政書士試験は11月10日(日)に行われます。2019年度の試験の難易度は分かりませんが、出題ミスがなければ10%前後になるのではないでしょうか。

行政書士試験での一番のポイントは“記述式でどれだけ安定して得点ができるか”ではないでしょうか。受験生の皆さんは過去問や問題集で演習をしていることと思います。今回のシリーズは記述式試験(過去問)の解答への考え方を書きます。あくまでも私アシュラとして…ですので、ご了承ください。

今回が民法の最終回です。次回からは行政法を書きたいと思います。

過去問(2013年度以降)は行政書士試験研究センターのサイトにあります。 “行政書士試験の記述は大丈夫? - 財産分与・嫡出否認の訴え・遺留分” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ