仲介手数料無料のワケ!(売買編)

| 売買でも仲介手数料無料!?

賃貸住宅の仲介手数料無料のお話は前回させていただきました。(仲介手数料無料のワケ!(賃貸編)はこちら) 簡単にまとめますと、1.仲介手数料の上限は賃料の1ヵ月分、2.仲介手数料無料は大家さんにとっても得。だから仲介手数料を無料にできると書きました。

では、マンションを買ったり一戸建てを買ったりするときはどうでしょうか?仲介手数料に賃貸住宅のような上限があるのでしょうか?売主さんが得することがあるのでしょうか?

ところで、マンションや一戸建てを買うときは物件本体価格以外の諸費用の額にびっくりします。数百万円がかかってきます。そして、新築住宅の場合このうちの100万円前後が仲介手数料です。仲介手数料が無料ということはこの100万円を払わなくていい!やった!となりますね。

不動産屋はそれでもやっていけるのでしょうか?

 

| 売買の仲介手数料って何?

主に売買をやっている不動産屋はほぼ仲介手数料のみで経営しています。お客様の求めに応じて賃貸の仲介もやりますけれど、売買の仲介手数料が売り上げのほぼ100%です。それでも仲介手数料無料を宣伝している不動産屋はなくなりません。

売買の仲介手数料は物件の金額によって仲介手数料の割合が変わってきます。そして、賃貸と同じように売買の場合も法律で仲介手数料の上限が決められています。200万円(税込)以下なら5%+消費税、200~400万円(税込)の部分は4%+消費税、400万円~(税込)部分は3%+消費税です。例えば3000万円の新築一戸建てを買うときの仲介手数料は96万円+消費税です。大きな金額ですね。

ただ、賃貸と違うのはこの金額が仲介手数料の総額ではないことです。買主さんだけでなく売主さんからいただいても違法行為ではありません。これを業界用語で”両手”と言います。買主さんと売主さんの両方から仲介手数料をもらえるから”両手”です。

仲介手数料無料の仕組み、もうお分かりになられたでしょうか?

 

| 仲介手数料無料の仕組み

不動産屋が買主さんから仲介手数料をもらわなくても、売主さんから仲介手数料をもらえる物件があります。多くは物件価格の3%です。売主さんが100万円近い仲介手数料を不動産屋に支払うのはなぜでしょうか?

これも賃貸の場合と同じような理由です。売主さんはずっと売れない土地や建物を持っていても損になります。5軒以上の住宅を開発してもそのうちの1軒が売れないだけで赤字になってしまうくらいギリギリの価格で販売しています。だから、ドンドン売っていかないと損がドンドン増えてしまうのです。もし仲介手数料を支払うことを売主さんが不動産屋に約束すれば、不動産屋は優先的にお客様に紹介してくれるかもしれません。でも、売主さんは売買契約が成立しないと仲介手数料を支払いません。約束だけならタダですから売主さんにリスクはないですね。
売主さんが仲介手数料を支払うのはこんな理由です。

では、不動産屋は売主さんと買主さんの両方から仲介手数料をもらえる”両手”の物件なのに、買主さんから仲介手数料を受け取らないのはなぜでしょうか?

この理由は会社によって異なります。安くした分だけ手を抜くというところは少ないでしょうが、それぞれの事情があります。弊社も仲介手数料を無料にしていますが、ポータルサイトに物件を載せずに宣伝広告費を抑えながら、行政書士事務所の強みを活かして物件の調査や書類作成を短時間で正確に済ませるなどの努力をしています。

 

| 諸費用に注意

マンションや一戸建てを買うときは諸費用に注意してください。物件価格の5~10%くらいの諸費用がかかります。200~300万円程度が必要です。通常は住宅ローンでカバーできない部分ですし、諸費用ローンは高金利ですのでおすすめできません。資金計画をしっかりと立ててから購入されることをお勧めします。

 

| まとめ

1 売買契約での仲介手数料の上限は物件価格の3%+6万円+消費税! (物件価格400万円超の場合)
2 売主さんが仲介手数料を支払う物件がある!
3 諸費用に注意!

 

弊社麻田不動産も仲介手数料無料をキャンペーンで行っています。ポータルサイトや他社サイトでお気に入りの物件がありましたらお気軽にご相談ください。ただし、売主から仲介手数料を受け取ることのできる物件に限ります。
住宅ローンの相談も受け付けています。お気軽にご相談ください。



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。