相続手続きを簡単にする方法

親御さんや配偶者が亡くなると遺産を相続します。相続手続には法律上の手続以外にもたくさんあります。たとえば、親族への連絡、葬儀の段取り、医療費や家賃の清算、水道・ガス・電気・NHKの解約、金融機関の口座解約、高額療養費や葬祭代の補助金の申請、年金関係の請求・返金など本当に大変です。

法律上の手続としては、遺言書の検認、遺産分割協議書の作成、不動産の相続登記などがあります。

この中で簡単に済ませられるものがあります。それは金融機関の手続です。 “相続手続きを簡単にする方法” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

終活セミナーって何をするの?

新型コロナウイルス感染症の流行以降、人が集まる機会が減っています。麻田事務所でも終活のセミナーを行ってきましたが、まだ再開の目途はたっていません。終活セミナーは基本的にお年寄りが対象なのでなかなか難しいところがあります。 “終活セミナーって何をするの?” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

【住民票・戸籍】謄本と抄本って何が違うの? ~住民票の謄本・抄本編~

住民票を取らなければいけないとき、謄本が必要なのか抄本が必要なのかを悩まれたことはありませんか?謄本も抄本も発行手数料は同額(300円)です。手続によって謄本が必要な場合もありますし、抄本でもよい場合があります。

今回は、住民票の謄本と抄本の違いについて書きたいと思います。 “【住民票・戸籍】謄本と抄本って何が違うの? ~住民票の謄本・抄本編~” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

【住民票・戸籍】謄本と抄本って何が違うの? ~住民票編~

住民票を取らなければいけないとき、謄本が必要なのか抄本が必要なのかを悩まれたことはありませんか?謄本も抄本も発行手数料は同額(300円)です。手続によって謄本が必要な場合もありますし、抄本でもよい場合があります。

今回は、住民票の謄本と抄本の違いについて書きたいと思います。 “【住民票・戸籍】謄本と抄本って何が違うの? ~住民票編~” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

【住民票・戸籍】謄本と抄本って何が違うの? ~改製原戸籍編~

戸籍を取らなければいけないとき、謄本が必要なのか抄本が必要なのかを悩まれたことはありませんか?謄本も抄本も発行手数料は同額(450円)です。相続なら謄本が必要ですが、手続によって抄本でもよい場合があります。

今回は、戸籍の謄本と抄本の違いについて書きたいと思います。 “【住民票・戸籍】謄本と抄本って何が違うの? ~改製原戸籍編~” の続きを読む



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ