医療系コンサルタントが儲かる!?

| 医療系コンサルタントって?

 

なかなか一言では申し上げられません。コンサルタントはものすごく幅の広いお仕事です。主なものとしては次のようなものがあります。

1 経営診断

病院などの経営について、概況を調査したり財務診断をしたりします。

2 経営戦略支援

経営の環境を分析したり、事業戦略を練ったりします。

3 経営管理支援

利益や医事の管理、施設や設備の管理、財務管理、人事・労務管理などを支援します。

4 経営課題支援

開業をするときにお手伝いをしたり増改築計画の作成を手伝ったりします。

イメージしにくいですよね?私も同じです。言葉だけを聞いてもはっきりとはわかりません。「医事って何よ?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。はい、私も同じです。私の勝手なイメージは、受付をしたり入院の案内をしたり患者さんへ保険金請求などの説明をしたりする部署ですね。以前の国立病院で比較的大きなところの事務方では“医事”“会計”“庶務”と分かれていましたが、今もそうなのでしょうか?

 

開業医のイラスト

 

| 医療系コンサルタントの噂

 

ときどき聞く噂話は、上の分類でいえば“4経営課題支援”になります。

例えば、医薬分業が進められている中で、街の開業医さんが「薬局を隣に出したい!」と思ったときに、物件を探したり薬局用に改装したりするお仕事。ほとんど不動産屋や建築屋さんのようなお仕事ですが、医療に関する専門知識が必要になります。1件あたり数百万円以上の利益になると聞いています。

他には、1つの病院では利益が出にくい場合に、経営改善をしながらいわゆる“支店”を出すのをお手伝いするお仕事。土地探しから建築、改装などを受けているようです。数億円の案件もあるとかないとか…。病院としては、いくつも“支店”を出すことで広い範囲の患者さんを呼ぶことができ、収益を改善することができます。

 

 

| 医療系事業の増加はすごい!

医療系は急成長しているように思います。介護関連事業はもちろんのこと、大阪の京阪沿線、特に門真や寝屋川では針灸・整骨院がどんどん増えています。歯医者もどんどん増えています。萱島駅周辺では整骨院は6件、歯医者は5件あります。コンビニよりも多いですよ。この1年で整骨院も歯医者も2件ずつ増えました。

厚生労働省の統計(平成26年度)によると、全国に整骨院は約4.5万か所、歯科診療所は約6.8万ヶ所あるようです。10年前からの増加率は、整骨院で約64%、歯科診療所で約2%です。

これだけ診療所が増えてくると医療系のコンサルタントの仕事もかなり多いと思われます。京阪地域のコンサルティング業者さんの事務所は目立つ看板を掲げているわけではありませんが、医療と経営の専門知識を活かしてしっかりと稼いでいるのでしょうね。

 

 

| まとめ

 

1 医療家コンサルタントの仕事はいろいろ!

2 新規開業や事業拡大の話は景気がいい!

3 医療関連事業は急成長!



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

地震で倒壊!

| 大地震の発生

 

日本は地震の多い国ですが、地震がいつ起きるのかは正確に予測できていません。ただ、海溝型地震の周期はおおよそ分かっています。ご存じのとおり、海溝型の大地震はある程度予測されています。

大阪に被害が及ぶ可能性の高い地震は“南海トラフ地震”です。今後30年間で70%の確率で発生すると言われています。大阪府の予想によりますと、死者・行方不明者は約13万人、負傷者約15万人、全壊・全焼棟数約18万棟とされています。

大地震で怖いのは、建物の全壊・全焼による怪我です。運悪く亡くなってしまうかもしれません。大きなビルの中にいるから安全!自宅にいるから危険!というような事態は避けたいところです。

地震で揺れる家とビルと電柱

 

| あなたの家の耐震は大丈夫?

 

多くの市町村では、古い住宅の耐震診断や耐震改修に補助金が出されています。古い住宅といいいますのは、昭和56年5月31日までに建築された木造住宅です。

この時までの住宅の耐震構造は建築基準法の関係で今のようなしっかりとしたものではありません。ですから、古いという理由だけでなくもともと倒壊の危険性が高いという理由があるのです。

当店の近隣である守口市や門真市、寝屋川市でも耐震診断や耐震改修の補助金があります。補助の条件はおおむね同じですが、少し異なっているところがありますので注意が必要です。

 

 

| 耐震診断の補助金

 

耐震診断の補助金の条件と内容は以下のとおりです。

Ⅰ 対象となる建物

1 昭和56年5月31日までに建築されたもの

木造一戸建て住宅は平成12年5月31日以前に建築されたもの(寝屋川市)

2 建築確認を受けて建てられたもの(木造住宅は除く、門真市)

3 現に居住、または使用されているもの

これから居住しようとするもの(守口市、門真市)

ただし、特定既存耐震不適格建築物は現に使用しているものに限る(守口市、門真市)

4 1棟全体を診断するもの(守口市)

Ⅱ 対象者

Ⅰの対象となる建物の所有者

Ⅲ 補助の内容(住宅に対する補助。住宅以外への補助もあります。)

1 木造住宅

耐震診断に要した費用の9/10、または1戸あたり4万5000円のいずれか低い金額。ただし、1000円/㎡が上限。

2 木造以外の住宅

耐震診断に要した費用の1/2、または1戸あたり2万5000円のいずれか低い金額。ただし、100万円が上限(寝屋川市は長屋・共同住宅にのみ上限あり)。

 

 

| 耐震改修の補助金

 

耐震改修の補助金の条件と内容は以下のとおりです。

Ⅰ 対象となる建物

1 昭和56年5月31日以前に建てられた木造住宅

階数は2階以下(守口市、寝屋川市)

2 耐震診断結果の評点が1.0未満

1階部分を1.0以上に、2階部分を0.7以上に高める工事をすること(守口市)

1.0未満の場合1.0以上に高める工事をすること(寝屋川市)

0.7未満の場合0.7以上に高める工事をすること、または2階建住宅の1階部分の評点を1.0以上に高める工事をすること(寝屋川市)

3 現に居住、または居住しようとするもの(門真市、寝屋川市)

Ⅱ 対象者

1 Ⅰの住宅の所有者

2 前年の世帯全員の市民税所得割額の合計が30万4200円以下(守口市、門真市)

前年の合計所得が699万円以下(寝屋川市)

3 対象建物の固定資産税および都市計画税を滞納していないこと

4 対象建物の所有者と居住者又は土地の所有者の同意があること(守口市)

Ⅲ 補助の内容

1 シェルター設置工事

工事費の9/10、または50万円のいずれか低い金額(守口市)

費用の4/5の金額。ただし、30万円が上限(門真市)

2 長屋・共同住宅の場合

50万円×戸数、または5300円/㎡のいずれか低い金額(守口市)

1戸あたり80万円まで(門真市、所得によって90万円まで)

費用全額、または一戸あたり90万円のいずれか低い金額(寝屋川市)

3 1、2以外の場合

工事費全額または50万円のいずれか低い金額(守口市)

1戸あたり80万円まで(門真市、所得によって90万円まで)

費用全額、または90万円のいずれか低い金額(寝屋川市)

 

 

| まとめ

 

1 大阪は大地震が確実にきます!

2 耐震診断や耐震改修には補助金があります!

3 昭和56年5月31日までに建てられた家は要チェック!



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

新記録誕生!

| とびきりのニュース

 

本日2017年9月9日、とびきりのニュースが飛び込んできました!期待されながらなかなか結果に結びつかなかった、陸上100mの桐生選手(21)が日本人初の9秒台をマークしました。

舞台は、福井県営陸上競技場で行われている日本学生対校選手権(インカレ)です。タイムは9秒98! 19年間も破られなかった伊東浩二選手の10秒00を破って日本新記録です。本当に素晴らしいですね。おめでとうございます。

 

 

| 経済への影響は?

 

桐生選手のシューズを提供しているスポンサーはアシックスです。素晴らしい記録を出した選手のスポンサーの株価は、普通に考えればよくなりそうなものです。昨日(9月8日)の時点では7月頃からの下降傾向を引きずっていました。さて、月曜日はどうなるのでしょうか?楽しみですね。

個人的な収入はどうでしょうか?日本新記録を出した桐生選手には賞金やボーナスが支払われそうですが、実は学生である桐生選手は日本陸連などの規定にある金額以上の額を受け取ることはできません。ライバルであるケンブリッジ飛鳥選手は数千万円以上のボーナスが出たとか出ないとか…。学生かそうでないかでものすごい所得の差が出るんですね。トッププロスポーツ選手はすごい!

 

 

| まとめ

 

1 陸上男子100mで日本新記録!

2 経済効果は限定的!?



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

預金が福祉に使われる!

| 休眠預金(睡眠預金)って?

 

長い期間、入出金がない口座の預金(睡眠預金)はどのような処理がなされているかご存知ですか?法律上は5年(銀行の場合)または10年(信用金庫などの場合)で時効になってしまいます。権利が消滅してしまうのです。

しかし、これは法律上の話です。実際には、金融機関は長い間放置されていた預金でも通帳と印鑑があれば払い戻しに応じることが多いです。

このように放置された預金額は毎年500億円とも700億円とも言われています。すごい金額ですが、もったいないです。みなさんは使っていない口座は解約してすっきりしませんか?

 

 

| 休眠預金(睡眠預金)の使い道

 

毎年500億円もの休眠預金(睡眠預金)は今まで銀行の収益になっていました。もちろん払い戻しに応じられるように積み立てをしています。この預金をうまく使おうと考えて制定されたのが“休眠預金活用法”です。正しくは長い名前で、“民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律”といいます。

この法律で休眠預金の資金を使える事業は3つあります。

1 子供・若者の支援事業

2 生活困窮者の支援事業

3 地域活性化等の支援事業

これらの事業への助成や貸付などに使われます。しかし、直接的に支援事業に使われるのではありません。金融機関→預金保険機構→指定活用団体→資金分配団体→支援事業団体とお金が流れていきます。こういう遠回りのやり方は役人の考えたシステムの典型ですね。

ただ、このような資金が動く以上、上記のような事業を営む団体にとってはチャンスになります。

例えば、障害者や難病患者、ホームレス、DV被害者などへの支援を行っている団体、介護者の悩みの相談を受ける団体、古民家の活用で環境客や若者を呼び込む事業、農村での新ビジネスを目指す人材を育成する事業など、いろいろと考えられます。

この法律の施行は来年の1月ですが、実際に助成や貸付が行われるのは再来年の秋ごろだと言われています。現在放置されている預金(睡眠預金)を“休眠預金”として扱うための期間、指定活用団体などを指定して事業計画などを認可するための期間など準備が必要だからです。

再来年は新たな事業へ挑戦するチャンスになるかもしれません!

 

 

| まとめ

 

1 放置している口座を確認してみましょう!

2 休眠預金を活用する法律が施行されます!

3 福祉事業参入へのチャンスが来るかも!



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

ドローンで建設現場が変わる!

| 国土交通省の肝いり!“i-Construction”

 

国土交通省では、建設現場の生産性向上に力を入れています。“ICT技術の活用”、“規格の標準化”、“施行時期の平準化”です。これらはまとめて“i-Construction”と呼んでいます。

目指すものは、“生産性向上”、“賃金水準の向上”、“死亡事故ゼロ”、“給与、休暇、希望”。美しい言葉が並んでいます。どうやって実現するのでしょうか?

 

 

| 課題は山盛り!

 

ICTの導入をした場合、土工現場の大きな流れとしては以下のようになります。

1 ドローンによる3次元測量

2 3次元測量データを使って施工量を自動算出

3 3次元測量データに基づいて建設機械を自動制御で施行

4 ドローンによる3次元測量による検査

ここで必要になる主なものは、レーザー測量ができるドローン一式、処理ソフト(設計・出来形など)、ICT建設機械です。どれも大変高価なもので、中小企業にとっては一度に揃えられるものではありません。また費用以外にもICTに不慣れな労働者が多く訓練や教育に時間がかかります。“高額な費用”と“人材育成”、これらが導入の進んでいない原因の一つです。

 

 

| メリットもたくさん!

 

たしかに課題は多くあります。でも、メリットもたくさんあるんです。

1 ドローンの利用で短時間で高密度な3次元測量が可能です。

2 施工量を自動で算出するので時間と手間が省けます。

3 重機の日当たり施工量は約1.5倍、作業員は約1/3になるといわれています。

4 ドローンの利用で出来形の書類が不要になり、検査項目が半減します。

どのメリットも時間と労働量が大きく減少しますので、生産性の向上が見込めます。

 

 

| 国道交通省の取り組み

 

企業はメリットとデメリットを勘案して導入を決めるわけですが、ICTを推進する国土交通省は何をしてくれるのでしょうか?

ドローンを使った測量マニュアルの策定や様々な規格・基準の標準化は当然として、補助金や税制優遇もあります。

主なものとして、以下のものがあります。

1 省エネルギー型建設機械導入補助金

2 エコリース促進事業補助金

3 環境・エネルギー対策資金(日本政策金融公庫による低利融資)

4 IT活用促進基金(日本政策公庫による低利融資)

5 固定資産税1/2の優遇(3年間)(中小企業等経営強化法)

6 特別償却30%または税制控除7%の優遇(中小企業投資促進税制)

国土交通省は、これらの補助金や税制優遇を活用してもらうことで、何とかICT化を促進させようとしています。新たにモノを買ってもらって経済を回したいという思惑もあるのでしょうが、好意的に捉えるなら、生産性を向上させて企業に元気になってもらい、競争力と業績を上げてもらいたいのでしょうね。税収も増えますしね…。

 

 

| まとめ

 

1 i-Constructionは建設現場の生産性向上を目指しています!

2 ICTの導入には多額の費用がかかります!

3 ICTの導入で時間と労働力が大きく減少!

4 補助金や税制優遇があります!



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ