雇用保険の給付支給金 一覧

新型コロナウイルス感染症の対策として、雇用調整助成金や緊急雇用安定助成金の拡充がありました。その一方で、そもそも雇用保険の給付金にどのような種類があるのか分からない方が多いのではないでしょうか。

今回は、雇用保険の給付支給金を一覧にしたいと思います。

 

 

| 基本的な給付支給金

 

雇用保険の給付金は大きく分けて4種類にありますが、基本的な給付支給金として求職者給付と就職促進給付の10種類をまとめます。

1 基本手当

2 技能習得手当

・受講手当

・通所手当

3 寄宿手当

4 傷病手当

5 高年齢求職者給付金

6 特例一時金

7 日雇労働求職者給付金

8 就業促進手当

・就業手当

・再就職手当

・就業促進定着手当

・常用就職支度手当

9 移転費

・鉄道賃、船賃、航空賃、車賃、移転料

・着後手当

10 求職活動支援費

・広域求職活動費

・短期訓練受講費

・求職活動関係役務利用費

 

 

| 教育訓練給付金のまとめ

 

基本的な給付支給金に高年齢求職者給付金、日雇労働求職者給付金、求職活動支援費など求職活動に対する給付金を書きましたが、教育訓練を受講する場合にも給付金をもらうことができます。教育訓練給付金は大きく分けて次の2つがあります。

1 一般教育訓練

入学料、1年以内の受講料、一般教育訓練受講前1年以内のキャリアコンサルティング費用などのうち20%が給付されます。上限額の制限もあります。

2 専門実践教育訓練

入学料、受講料のうち40~60%ほどが給付されます。

・専門実践教育訓練を受けて終了した者:40%

・それ以外:60%

 

 

| その他の給付支援金

 

その他にも雇用継続給付として育児休業や介護休業などの給付金もあります。

1 育児休業給付金

休業開始時の賃金日額×支給日数が基本になります。これに一定の割合をかけると支給額になります。

2 介護休業給付金

休業開始時の賃金日額×支給日数が基本になります。これに一定の割合をかけると支給額になります。

3 高年齢雇用継続基本給付金

4 高年齢再就職給付金

 

以上のように、雇用保険の一般的な給付金は15種類あります。仕事を辞めたり解雇されたりしたときだけでなく、様々な場面で雇用保険の給付金を受けることができます。お困りのことがありましたら一度ハローワークに相談されることをお勧めします。

 

 

| まとめ

 

1 雇用保険は離職者向けの基本手当だけじゃない!

2 求職活動への支援費もハローワークで相談を!

3 育児休業や介護休業の給付金もお忘れなく!



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ