持家?賃貸?どっちがいいの?

| 住居が手狭になってきたら…

 

結婚を機に一人暮らしから夫婦の二人暮らしへ。お子さんが生まれて3人になると“家が手狭になってきたかな?”と思われることがあります。引っ越すにしても思い切って家を買うかそれともまだ賃貸にするかで迷われるかもしれません。

このような子育て世代にとって持家と賃貸のどちらがよいのでしょうか。

 

 

| 持家・賃貸のメリットとデメリット

 

持家にしても賃貸にしてもそれぞれメリットとデメリットがあります。全部ひっくるめてどちらがいいのでしょうか。

まずはそれぞれのメリットから。

1 持家のメリット

・住宅ローンが終われば住居に係る費用が減る

・外観、内装、間取りなどを自分や家族の好みにできる

・年をとっても住むところに困らない

・社会的な信用が高まる

2 賃貸のメリット

・家族の人数、子どもの成長、環境などで住み替えが容易

・住宅ローンによる破たんの危険がない

・固定資産税がかからない

・急な引越しにも対応しやすい

このようなメリットで“これはピッタリ!”と感じるものはありましたか。どちらのメリットを重視するかはライフプランに合わせて検討してみてはいかがでしょうか。

デメリットは次のようなものがあります。

1 持家のデメリット

・固定資産税がかかる

・修繕費がかかる

・住み替えがむずしい

2 賃貸のデメリット

・一生家賃を支払う必要がある

・老後になってからの転居が難しい

・理想に近い物件を見つけるのが難しい

・地域によっては物件の数が少ない

・家賃には大家の利益が入っていて割高

・建築資材が持家に比べてあまりよくないことがある

持家は費用の問題、賃貸は費用だけでなく住居自体の問題が大きいと思います。子供の成長に合わせて公園が近いところがよかったり教育環境から学区を選んだりする場合には、賃貸住宅がお手軽です。住宅を購入する場合には予めしっかりと計画を立てておくことをおすすめします。

今後の仕事やお子様についてどのようなライフプランを立てるのかによって、持家か賃貸かが大きく変わります。メリットがメリットでなくなったり、デメリットをうまく回避できたりしますから、ぜひ不動産屋にご相談ください。

 

 

| まとめ

 

1 持家・賃貸それぞれにメリットとデメリットがあります!

2 老後のことを考えるなら持家がおすすめ!

3 転勤の多いお仕事でしたら賃貸がおすすめ!



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ