春です!補助金の季節です!

| 主な補助金のご紹介

 

今年も補助金の季節がやって参りました!公募の始まった補助金からこれから始まるであろう補助金までご紹介いたします。

 

助成金・給付金・補助金などの臨時収入が家計に入り、喜んでいる家族のイラスト

 

1 ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金

通称“もの補助”と呼ばれている大型補助金です。予算額は1000億円!今年は去年までと少し変わっています。

(1)事業の目的

生産性向上を図るための革新的サービス開発、試作品開発、生産プロセスの改善を行う中小企業・小規模事業者を支援します。

(2)概要

・企業間データ活用型

新しく名前が変わりました。内容も少し変わっています。事業者間でデータや情報を共有して連携体全体として新しい付加価値の創造や生産性の向上を図るプロジェクトを支援します。設備投資が必要です。

補助上限額1000万円/者、補助率2/3です。補助率はかかった費用の2/3を補助するという意味です。

たとえば、3者で4500万円の事業を行った場合、事業者ごとに1000万円が補助され、それぞれ500万円が自腹です。3者で6000万円の事業の場合は事業者ごとに1000万円の補助、1000万円が自腹です。すごい太っ腹な補助金ですね。

しかも専門家を活用した場合は補助上限額30万円アップ!

・一般型

最も一般的な形態です。革新的なサービス開発、試作品開発、生産プロセスの改善を行う中小企業・小規模事業者を支援します。設備投資が必要です。

補助上限額1000万円、補助率1/2です。補助上限額が上がった代わりに、補助率が1/2になりました。注意してください。

先端設備等導入計画の認定を受けた場合や経営革新計画の承認を受けた場合には、補助率が2/3に上がります。こちらの法案はまだ可決されていません。

専門家の活用で補助上限額が30万円アップします!

・小規模型

小規模なプロジェクトで設備投資を行わない試作品開発なども支援します。

補助上限額500万円、補助率は小規模事業者が2/3、その他は1/2です。小規模事業者にはねらい目かもしれません。

こちらも専門家の活用で補助上限額が30万円アップします!

(3)応募期間

平成30年2月28日~平成30年4月27日です。応募期間は2カ月しかありませんので、もの補助を検討するならお早めにどうぞ。

2 サービス等生産性向上IT導入支援事業

ITの導入を支援する補助金です。他の補助金とは少し趣が異なります。

(1)事業の目的

生産性向上を図るためのIT投資を行う中小企業・小規模事業者を支援します。

(2)概要

ITの導入の際にかかる費用を補助します。ただし、どんなITでもいいのかというとそうではありません。補助事業に登録されたITツールやアプリなどの中から選択しなければいけません。事業内容に合致するITツールがある場合にはお勧めです。ITツールの登録がまだ終わっていませんので、どのようなものが選べるかは分かりません。

想定されているITツールは、簡易税務・会計処理、POSマーケティング、簡易決済、在庫・仕入管理、顧客情報管理・分析など、バックオフィス業務の効率化や新たな顧客獲得が見込めるものです。

補助額や補助率が去年と同じだとすると、補助上限額は50万円、下限額が10万円、補助率は1/2です。下限額があり、15万円以上使わないと補助の対象になりませんのでご注意ください。

 

タブレット端末を使って仕事をしている工事現場などで働くヘルメットをかぶった作業員のイラスト

 

(3)応募期間

未定です。まだ募集されていません。4月頃からと予想されています。

3 小規模事業持続化補助金

小規模事業者にとってメインとなる補助金です。販売促進活動の全般に使える補助金で、使い勝手の良いです。予算120億円、採択見込2万件になると言われています。

(1)事業の目的

商工会議所・商工会の助言などを受けて作成した経営計画に基づいて実施する販路開拓など販売促進活動をする小規模事業者を支援します。

(2)概要

ホームページ作成・更新、チラシ作成・配布、ネット広告、展示会出展、リフォーム費用、機械・備品の購入などさまざまな販売促進事業に使えます。

補助上限額50万円、補助率2/3です。海外展開の販促や従業員の賃上げが伴う場合には、補助上限額は100万円になります。

あまりにも幅が広いので、過去に採択された事業のタイトルを書いてみます。

・日本流「おもてなし」による訪日外国人獲得事業

・クリーニングの悩み解消!新しい技術周知のチラシで販路拡大。

・地域密着型「高い技術を持つかかりつけ工務店」の販促事業

・新商品「塩プリン」をメインとした店舗全体の販路開拓

・高齢者のいきいきとした生活の確保と、健康寿命を延ばし社会貢献

これらをみると、訪日客にお金を落としてもらったり社会貢献をしたりするような事業が目につきます。店舗改装など現状を変えるために“こんなことをしたい”というお考えがある方にお勧めです。

(3)応募期間

未定です。まだ募集されていません。3月上旬ごろからと予想されています。

 

お店が開店したのをお祝いしてセールをしている様子のイラスト

 

 

これらの補助金を受けるときには加点事由がいくつもあります。その一つに“経営力向上計画”を国から認定されていることがあります。去年から補助金に応募する方の多くは経営力向上計画の認定を受けていますので、この認定がないとそれだけで不利になってしまいます。

次回は補助金の応募に大切な“経営力向上計画”について書きたいと思います。よろしくお願いいたします。

 

 

| まとめ

 

1 春は補助金の季節です!

2 もの補助、IT導入補助金、持続化補助金が始まります!

3 補助金に応募するときには“経営力向上計画”の認定を!



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ