仲介手数料無料のワケ!(賃貸編)

| 仲介手数料無料!?

お部屋探しをしているとき、「仲介手数料無料」というのをよくみかけませんか?賃貸住宅の場合に多いのが敷金3ヵ月分、礼金1か月分、仲介手数料1ヵ月分ですね。敷金は借主さんの責任で部屋が汚れたり壊れたりしたときの修理費の前渡しで、礼金は大家さんへ支払うお礼、仲介手数料は不動産屋へ支払う手数料です。この仲介手数料が無料になるってお得!

なぜ仲介手数料を無料にしても不動産屋はやっていけるのでしょうか?

 

| 仲介手数料って何?

仲介手数料は不動産屋にとってとても大切な収入源です。マンションの管理をしている業者なら管理費も大きな収入源です。仲介手数料を無料にしている不動産屋はマンション管理もやってるから無料にできるのでしょうか。

実は違うんです。そのワケは下で説明しますが、ここでは仲介手数料とは何かをお話します。

賃貸借契約で不動産屋が受け取ることのできる仲介手数料(総額)の上限は、”賃料の1ヵ月分”と法律で決められています。家賃が8万円なら仲介手数料は8万円+消費税。この仲介手数料は借主さんが支払うことが多いです。慣習としてそうなっています。ところが中には大家さんが手数料を支払うことがあります。この場合、仲介手数料の上限は賃料1か月分なのですから、不動産屋は大家さんと借主さんの両方から合わせて賃料1ヵ月分の手数料しか受け取れません。
仲介手数料の上限はこのように法律で決まっているのです。

 

| 仲介手数料無料のワケ

さて、本題に入りましょう。

先ほど書いたとおり、仲介手数料の上限は賃料の1ヵ月分。支払うのは借主さんが多くて、たまに大家さん。そうです、これが仲介手数料無料のヒントなのです。

大家さんが賃料1ヵ月分の仲介手数料を支払うなら不動産屋は借主さんから仲介手数料を受け取れないのです。借主さんからも受け取ってしまうと違法行為です。

では、大家さんが仲介手数料を支払うのはなぜでしょうか。それは住宅の供給量が必要以上に多いからです。大家さんは空室があると損になります。入居者が退室したときはすぐに新しい借主さんを見つけなければなりません。ところが住宅が増えすぎた現在ではそれほど簡単に新しい借主さんは見つかりません。空室が3か月、4カ月と続くとどんどん損が大きくなります。3か月間も空室になるくらいなら1ヵ月分の仲介手数料を支払ってでも、すぐに新しい借主さんを見つけてもらった方が得ですよね。これが大家さんが仲介手数料を支払う理由です。

 

| コスト優先ならその他の条件も確認

仲介手数料無料ならそれだけでお得です。しかし、そのお部屋の敷金はどうですか?礼金は?フリーレント(最初の数か月間の賃料が無料)のお部屋はありませんか?駐車場代は?駐輪場代は?水道料金は?火災保険料は?家賃保証料は?

お部屋を借りるには多くの費用がかかります。コスト優先でお部屋を探すときはトータルコストで考えましょう。

 

| まとめ

1 賃貸借契約での仲介手数料の上限は賃料の1ヵ月分!
2 仲介手数料無料は大家さんにとっても得!
3 トータルコストを考えましょう!

 

弊社麻田不動産も仲介手数料無料をキャンペーンで行っています。ポータルサイトや他社サイトでお気に入りのお部屋がありましたらお気軽にご相談ください。賃貸だけでなく売買も仲介手数料無料です。ただし、貸主・売主から仲介手数料を受け取ることのできる物件に限ります。
売買の仲介手数料の仕組みも書きたいと思います。



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。