守口市の道路が廃止!

| 南寺方東通3丁目の道路が廃止に

 

現在、守口市の錦小学校と錦中学校の間には、東から西への一方通行の道路があります。ライフ(守口寺方店)から少し南に行ったところです。歩道が広く、桜並木になっていて地元の人たちや小中学生がよく利用しています。

 

平成30年5月10日をもちましてこの道路を通行できなくなります。車だけでなく、歩行者も一切通行できません。詳しくは守口市のサイトをご覧ください。

 

 

| 道路の廃止ってなに?

 

道路の廃止は再開発事業を行う際になされることが多いです。再開発事業で道路が付け替えられたり公園などに取り込まれたりします。廃道になると道路自体がなくなってしまうため、どこからどこまでが道路というような区域もなくなります。道路法上の道路ではなくなるのです。

市道を廃止の場合には市議会の議決が必要です。市道の管理の費用は市が負担しているので、市の予算に関わるからです。議会の議決以外にも、原則として廃止する道路に隣接している土地所有者の承諾が必要ですし、市有地の場合には払い下げがなされます。

実は再開発事業を行うための都市計画を決める場合には、市議会の議決は必要ありません。都市計画審議会の議決を経て決定することになっています。都市計画の中に市道の廃止が入っている場合には、都市計画審議会の議決と市議会の議決が必要になります。

 

 

| 道路廃止の手続き

 

道路の廃止には市議会の議決や土地所有者の承諾以外にも多くの手続きが必要になります。一般的に次のような手順になります。

1 事前の相談

道路課など所管している部署に事前相談をします。廃止の条件に適合しているかを審査されます。

2 事前相談書の受付

廃止する道路には、起点と終点を含んで道路の区域が明示されていなければいけません。

3 土木事務所などの関係機関への照会

地下にある占有物の有無や廃止の可否などを関係機関に照会します。2か月程度かかることが多いようです。

4 申請書の交付と受付

道路の廃止ができるようでしたら申請証が交付されます。提出書類をすべて揃えてると受付をしてもらいます。土地所有者の承諾書も提出します。この後に議会の議決がなされます。

5 払い下げの手続き

廃止されることが公示されてから、市道で2か月、府道で4か月管理された後、払い下げの手続きが始まります。

このような手続きを経て道路が廃止されるのですが、1年以上かかる大変な作業です。再開発事業を手掛ける場合にはしっかりとした事前準備が必要ですね。
 

| まとめ

 

1 守口市の錦小学校・錦中学校前の道路が廃止!

2 道路の廃止には議会の議決が必要!

3 関係機関との調整に時間がかかります!



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ