補助金申請のポイント

| 事業計画を書く!

 

補助金申請には事業計画が必要です。“〇〇という事業をするから補助金が欲しい!”というのが原則です。何をしてどのように儲けるのかを分かりやすく書きます。

小規模事業持続化補助金を例にとって、どのようなことを書くのか見てみましょう。

 

 

| 小規模事業持続化補助金の事業計画

 

大きく分けて2つあります。

1つは会社や業界の状況です。もう一つが具体的な事業内容です。

1 会社や業界の状況

(1)企業概要

(2)顧客ニーズと市場の動向

(3)自社や自社の商品・サービスの強み

(4)経営方針と今後のプラン

2 具体的な事業内容

(1)事業名

(2)販路開拓などの取組内容

(3)生産性向上の取組内容

(4)事業の効果

(5)経費の明細表

(6)資金調達方法

いろいろと書かなければいけないことがありますが、ポイントは一貫性です。顧客ニーズや市場の動向と自社の強みから経営方針と事業内容を決めていきます。何をやれば儲かるのかをここで強く主張します。

もちろん経費と利益のバランスも大切です。経費ばかりかかって儲からない事業には補助金が出ません。利益を出して会社が元気になることが補助金の目的です。

次回、これらの内容について詳しく書きたいと思います。よろしくお願いします。

 

 

| まとめ

 

1 補助金と事業計画はセット!

2 事業計画は自社と業界の状況、事業内容を分かりやすく!

3 一貫性のある事業計画を書きましょう!



ブログランキングに参加しています。ボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。右のサイドバーからもぜひ!(スマホの方は下部のバナーから!)


にほんブログ村 企業ブログへ